Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-WR965S

SONY TC-WR965S フライホイールの割れ

投稿日:2021年1月16日 更新日:

SONYのダブルオートリバースカセットデッキTC-WR965Sの修理依頼をいただきました。ダブルデッキは私も仕事中のBGM用として愛用していますが、個人的には、ESデッキのメカをベースに開発されたメカを搭載しているこの機種や、820、870、990辺りがお勧めです。しかし、今回新たな問題が発覚しました。

再生中に異音がするということと、FWD・REVの誤作動があるということです。

デッキAはオートリバースも含め普通に動作しますが、デッキBはダメです。また、デッキBからは常に「カタカタ・・・・」といった異音が聞こえます。

カバーを開けてメカを目視点検します。ここで驚きの光景が・・・。

フライホイールが偏心して回転しています。ビデオをアップしましたのでご覧ください。

なぜか原因はわかりませんが、デッキBも同じように.偏心しています。まずはメカを降ろして分解してみます。

先ほどのフライホイールです。至る所にひび割れが生じています。

左は正常品です。ひび割れしているほうは、中央部が飛び出ているのがわかるかと思います。

力を入れるとキャプスタンの圧入部分が外れてしまいました。ひびが入ったことで緩みが出て、回転が偏心していたようです。

もう片側の小さいフライホイールにはまったく異常は見られませんが、製造時の原料や製法に問題があったのではないかと思われます。

結局、今回修理依頼をいただいた機体は、このフライホイールの交換、異音を発していたモーターの交換、劣化しているピンチローラーの交換などが必要な状態でしたので、修理費用が当初の見積もりを大幅に上回ったため、修理は中止となり、ジャンク品として当店で買い取ることとなりました。時間のあるときに整備を行い、復活を目指したいと思います。

-TC-WR965S
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-WR965S

以前SRP-CT3Wという業務用ダブルカセットデッキの修理を行いましたが、同じお客様から今回、TC-WR965Sの修理依頼をいただきました。 機器が到着しましたが、デッキAのハウジングランプが点灯して …

SONY TC-WR965S

久しぶりのTC-WR965Sです。 ベルト交換というご依頼ですが、まずは点検を行います。 デッキA、Bともキャプスタンが回転せず再生は不可です。しかし早送り巻き戻しは両方とも可です。ただし、動作音が大 …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM