Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-93

AKAI GX-93

投稿日:

久しぶりにGX-93の修理依頼をいただきました。

dbxで録音したテープを再生するために修理が必要ということです。サイドウッドは輸送時の破損防止のため、取り外してお送りいただきました。

トレイ開閉はOKですが、

テープをセットして再生を開始すると「ウィーーーーン」という音が鳴り続け、リールは回転するものの再生音は出ず、また、電源を切るまで操作不能となります。

カバーを開けました。

唸っていたのは、この右側のモーターです。ベルトがスリップして異音が発生していました。

再生ボタンを押して、プーリーを指でアシストすると、再生が開始しました。メカの分解整備が必要です。

メカを取り出して分解を進めます。

カセットホルダーに内蔵されているスプリングがへたっています。

脱着して加熱整形します。

カセットを押さえる機能が回復しました。

メカの点検を行います。

ヘッドとピンチローラーの上下はスムーズです。過去の整備時に古いグリスはすべて除去されています。

リールとアイドラーを取り外します。

ゴムリングを交換し、ゴムが当たる箇所を脱脂します。

メカを前方に倒して背面の基板を取り外します。

カムモーターのベルトを交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置、ベルトを新品交換し組み立てます。

メカの整備が完了しましたので、本体に組み付けて走行テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、バランス調整を行います。dbxがON、OFFの両方で行います。

複数のテープで録音再生状況を確認します。

完了です。

-GX-93
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

AKAI GX-93動作不良

先日当店からAKAIのカセットデッキGX-93を購入されたお客様から、「機器が到着したが動作しない」とご連絡をいただきました。左右リールが回転しないとのことです。動作確認は修理後と発送前に行っています …

AKAI GX-93

AKAIのGX-93の修理依頼をいただきました。 希少なシャンパンゴールドモデルです。おそらくGX-93の総生産台数の数パーセント程度しかないのではないでしょうか。「精悍なブラックモデル」に対する「エ …

GX機のトレイ開閉

AKAIのGX-93、73、A&DのGX-Z9000、7000、9100、7100、また、それ以外の数機種ではトレイ開閉は同じメカが採用されています。 そこで一番多いトラブルは、「トレイが閉ま …

AKAI GX-93 ディスプレイ不点灯

3年ほど前にジャンク購入して放置状態だったGX-93をメンテナンスしようとしたところ、 電源をONにしてもディスプレイが点灯しません。また、カムモーターが回りっぱなしです。 ディスプレイが点かないのは …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM