Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA7ES

SONY TC-KA7ES

投稿日:

先日に引き続き、TC-KA7ESの修理依頼をいただきました。

数年ぶりに使用しようとしたところ動作不良になっていたということです。

電源をONにすると、内部からモーターの音が鳴り続けます。

トレイを開けると鳴りやみますが、テープをセットしても再生できません。

カバーを開けます。

底板を取り外します。

固定している上下4本のビスを緩め、メカを取り出します。

カセットホルダーと化粧プレートを切り離します。

ヘッドとピンチローラーは綺麗です。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解し、スあふとにグリスを処置します。

基板上の電解コンデンサーは目視では異状は見られませんが、

予防措置として交換します。

新しいベルトを掛けてモーターを組み立てます。

メカフロント部を分解します。

加水分解でベルトが伸びきっていますので新しいベルトに交換します。写真のように仮掛けして、組み立て時にモータープーリーに掛け直します。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解して接点を清掃し、専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

アイドラーとピンチローラーアーム、化粧パネル、カセットホルダーを取り付けます。

本体に組み付けます。動作はOKです。

ミラーカセットを用いてテープの走行状況を目視点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

ヘッドアジマスに狂いはありません。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-KA7ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-KA7ES

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA7ESの修理です。 5年ほど前からトレイが開かなくなったということです。 電源を入れると異音が鳴り続けます。 操作はまったく受け付けませ …

SONY TC-KA7ES

今日はSONYの最終フラッグシップモデル、TC-KA7ESです。 近年のカセットテープブームの再燃により、ジャンク品でも相当な高額で取引されています。 イジェクトボタンを押してもモーターの音が聞こえる …

SONY TC-KA7ES

SONY最後のフラッグシップモデルTC-KA7ESです。本ブログでは初登場になります。 電源をONにしたり、トレイを閉めたりすると中から変わった異音が聞こえます。テープを入れてもヘッドが上がらず再生不 …

SONY TC-KA7ES

先日当店で、他のデッキのメンテナンスをされたお客様から2台目のご依頼です。 SONYの高級機TC-KA7ESです。 少し前に中古購入されたという動作品ですが、 クロムテープをセットしても「TYPEⅠ」 …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM