Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V731

VICTOR TD-V731

投稿日:

今日はVICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V731の修理を行います。

3か月ほど前から不具合が発生したということです。

TDシリーズの定番の故障です。再生はできるが、早送り巻き戻しができないというものです。また。FLディスプレイからノイズが発生するということでしたが、それは再現できませんでした。電源周波数の関係でしょうか?

個人の聴力の差ということも考えられますので、スマホのアプリを用いてディスプレイON-OFF時の音の発生状況を測定します。問題は無いようです。

カバーを開けます。

この機種は、下位機種と異なり、メカがケースに組み込まれていて、ケースごと脱着ができますので整備性が良好です。

ケースからメカを取り出します。養生テープはカウンターのFL管破損防止のため貼っています。これまで一度だけですが、作業中に破損するという痛い目に会いました。

リール間のアイドラーは、早送り巻き戻し専用です。おそらくここのギヤが破損しています。

こちらのギヤはヘッドとピンチローラーを上下するためのものです。ここも破損することがあります。

モーターを取り外します。

ギヤが完全に欠けています。

当店オリジナルのギヤに交換します。

もう一つのギヤも割れが生じていますので交換します。

再生用のアイドラーゴム、ピンチローラーを専用クリーナーで処理します。

メカを元通り組み立て、本体に組み付けます。

走行テストを行います。快調です。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。少し狂いが大きいので、オーナー様に調整の是非を確認します。

GOサインが出ましたので、モーター背面にドライバを差し込んで調整します。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

この機種は録再独立ヘッドですので、録音ヘッドのアジマスも調整します。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TD-V731
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM