Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

122mkⅢ

TASCAM 122mkⅢ

投稿日:

TASCAMの業務用3ヘッドカセットデッキ、122mkⅢの修理依頼をいただきました。

再生ボタンを押すと、「ウイーン」という音と共に、緑黄赤ランプが点灯します。

カバーを開けてメカを取り出します。

キャプスタンはDDモーター仕様になっています。基板上の電解コンデンサーは交換済みです。

メカを前方に倒して、カムモーターを取り外します。

キャラメル色のギヤが欠けています。

取り外し時にバラバラになってしまいました。このギヤが欠ける理由は二つあります。一つ目は、経年劣化しやすい材質で製造されていることです。もう一つは、シャフト部に塗られたグリスが固まったことです。ギヤが回転できない状態で、モーターの力が加わり破損に至ります。

シャフト部には固まったグリスが付着していますので、アルコールで清掃し、シリコングリスを処置します。

大きなギヤはヘッドとピンチローラーを上下するためのカムと、メカの動作状況を検知するロータリーエンコーダーを兼ねていますが、ここもグリスが固まり回転が非常に重くなっています、

脱着して先ほどと同じ処置を行います。

ロータリーエンコーダーをの接点を清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。

新しいギヤを取り付け、元通りに組み付けます。

続いてアイドラーの交換を行いますが、この機種は、キャプスタンモーターを取り外す必要がありますので、右写真の六角ナットを緩めます。

キャプスタンモーターを取り外しました。

これでリールユニットを脱着することができますので、アイドラー交換を行います。

ピンチローラーは表面を軽く研磨し、専用クリーナーで処理します。

メカを組み立てて、本体に戻して走行テストを行います。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。かなり狂いが見られます。オーナー様に修正の是非について確認を行い、

左側のラックマウント金具を取り外し、そこに現れた半固定抵抗を回して調整します。上がピッチコントロールOFFです。

続いてピッチコントロールをON、ツマミをセンターの状態で調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランスと録音ヘッドのアジマス調整を行います。

聴感で録音再生モニターすると、RCHの音が少し籠り気味であることがわかりました。

315Hz、1000Hz、10000Hzの信号を入力し、それを録音再生モニターします。

左CHはおおむねフラットですが、右CHは10000Hzの出力が低下します。録音ヘッドか回路の劣化が原因と思われますが、修理は困難ですので、バイアスで対応できる範囲で調整を行います。

複数のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-122mkⅢ
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM