Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7000

A&D GX-Z7000

投稿日:

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7000の修理依頼をいただきました。当店の得意とするデッキのうちの一台です。

数年前にトレイ開閉に不具合が出て、それ以来不使用状態でしたが、久しぶりに電源を入れると「ガラガラ」と異音がしたということです。

カバーを開けたらベルトが切れていたということです。

カムモーターと思われる比較的大きな異音が鳴り続けます。

カバーを開けました。

リッドを取り外すために、プーリーを指で回してトレイを開けます。

フロントパネル、シスコン基板を取り外し、メカを取り出します。

カセットホルダー、化粧パネルを取り外します。

ヘッドとピンチローラーを持ち上げると、グリスが固着して自然には戻りません。

オーナー様からは、「モードベルトとカムモーター交換のみで、調整などの作業は不要」とのお話がありましたが、ピンチローラーの固着も見られますし、折角の機会ということで、アイドラー交換とテープポジション検出スイッチの接点清掃などのライトメンテナンスも行うこととなりました。

ヘッド周りを分解します。古いグリスは固まって動作不良の原因となっています。

ピンチローラーアームを固定しているシャフトに塗られたグリスが乾いて白くなっています。古いグリスは除去し、シリコングリスに置換します。

動きが軽やかになりました。

アイドラゴムを交換します。

メカを前方に倒して分解を進めます。

カムモーターを交換、新しいベルトを掛けます。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

動作テストです。再生は良好ですが、

RECVOLが故障していて左CHの入力がありません。この症状は、GXデッキによく見られ、単なる接触不良の場合と、VOLの破損の場合の2パターンがあります。前者の場合は、VOLに接点復活剤を処置して回復しますが、今回は試した結果ダメでしたので交換しかありません。

早速オーナー様に交換の是非を確認しましたが、この状態で修理を終えることとなりました。

今回の修理は以上です。

-GX-Z7000
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7000

先日当店からカセットデッキを購入されたお客様から、今回は修理のご依頼をいただきました。 A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7000です。 トレイ開閉は可能ですが、動作 …

A&D GX-Z7000

今日はGX-Z7000の修理です。 テープの終わり近くで音が震えるという不具合です。 これは比較的多く発生する症状です。早速点検に入ります。 テープを入れない状態で再生ボタンを押すと、右側のリールのみ …

A&D GX-Z7000

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7000の修理依頼をいただきました。 故障が少なく(ベルトの定期的な交換は必要です)非常に信頼性の高いモデルです。 電源を入れると異 …

GX-Z9000(7000)の弱点

カセットデッキやDATデッキに限らず、家電製品にはそれぞれ故障しやすい箇所、ウィークポイントを抱えています。 強度不足や経年劣化が主な原因ですが、私がこれまで経験してきた機種ごとの故障個所について記事 …

A&D GX-Z7000 巻き戻し不良

今日はA&DのGX-Z7000の修理を行いました。お客様のお話では、「早送り・再生は正常だが巻き戻しができない」とのことです。最初はスイッチの接触不良を疑いましたが、「ボタンを押すとヘッドが下 …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM