Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

112RmkⅡ

TASCAM 112RmkⅡ

投稿日:

TASCAMの3ヘッドオートリバースカセットデッキ、112RmkⅡの修理依頼をいただきました。

精悍なデザインです。アナログのメーターが雰囲気を醸し出しています。

再生ボタンを押すとランプが3つ点灯します。定番のギヤ破損が原因と思われます。

カバーを開け、

メカを取り出します。

バックプレート、キャプスタンモーターと順番にパーツを取り外していきます。

フライホイールとカムモーターを取り外すと、ギヤ類が現れます。

経年劣化によりギヤが欠けています。また、シャフトに塗られたグリスが固まって簡単には取り外せません。

カムギヤ類も回転が重くなっていますので、シャフト部を清掃しグリスアップします。

カムギヤを組み付けの際は、カムによりヘッドが正常に動作するか確認します。

新しいギヤを取り付けます。

リールユニットを取り外します。

リール間のアイドラーゴムを交換します。

ロータリーエンコーダーの接点を清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。また、キャプスタンのシャフトにグリスを処置します。

キャプスタンベルトは伸びが見られましたので、新しいベルトに交換します。オートリバースは左右のキャプスタンが常に逆方向に回転するようにベルトを取り付けます。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ヘッド、ピンチローラーを専用クリーナーで清掃します。リール周りのブレーキの状態を点検します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。僅かな狂いですが調整します。(※数値は上下しますので、315を中心に振れるように合わせます)

続いて、ピッチコントロールをON、ツマミをセンターの位置で調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。最初はFWDを、

次にREVと、オートリバース機は進行方向別に調整します。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-112RmkⅡ
-,

執筆者:

関連記事

TASCAM 112mkⅡ&112RmkⅡ用ギヤ作成

TASCAMの3ヘッドカセットデッキ、112mkⅡ&112RmkⅡでは、カムギヤが破損して不動状態になるという故障が必ず起こります。 一番手前の少し色の付いたギヤの歯が欠けているのがわかると思います。 …

TASCAM 112RmkⅡ

TASCAMの業務用3ヘッドオートリバースカセットデッキ、112RmkⅡの修理依頼をいただきました。 フォワード側の再生ができなくなったということです。リバース側はOKとのことです。 動作確認を行いま …

TASCAM 112RmkⅡ

お客様から機器名指定で購入のご依頼がありましたので、ジャンク品をオークションで入手し整備を行います。 TASCAMの3ヘッドオートリバース機、112RmkⅡです。まったく作動しない状態です。 メカを取 …

TASCAM 112RmkⅡ

久しぶりにTASCAMの112RmkⅡの修理依頼をいただきました。 精悍なデザインです。 早送り巻き戻しはOKですが、再生できません。 カバーを開けます、メカを取り出すためには、後ろの基板を少し寝かす …

TASCAM 112RmkⅡ(その2)

TASCAM 112RmkⅡ(その1)の続きです。 TASCAM 112RmkⅡ(その1) 破損したギヤの入荷待ちのため一時修理を中断していた112RmkⅡですが、 2週間弱でアメリカから到着しました …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM