Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V631

VICTOR TD-V631 ベルト&ギヤ交換

投稿日:

VICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V631の修理依頼をいただきました。

「ここ2~3年くらい再生するとスピードが遅くなる」ということと「昨年末に急に早送り巻き戻しができなくなった」ということです。

早送り等の不具合は、このメカのウィークポイントのギヤ欠けが原因と思われますが、

再生の速度は、単なる調整では済まないような感じです。

カバーを開けて、キャプスタンベルトを引っ張ってみました。かなり柔らかくなってますので、モータープーリーのところでスリップしているようです。

底板を取り外し、メカは下から引き抜きます。ご覧のように、キャプスタンベルトは2本掛けです。

メカ背面のプレートを取り外します。

ベルトの表面は、劣化してスベスベになっています。これではスリップしても仕方ない状況です。用意できたベルトは元のものよりも少し幅が広いものですが、ギリギリ大丈夫です。

モーターを取り外します。

左側のモーターは早送り巻き戻し用、右側はヘッドやピンチローラーの上下動用です。

早送り巻き戻し用のギヤが欠けています。

代替品のギヤを取り付けます。

もう片方は今のところ異状は見られませんが、破損は時間の問題ですので、こちらも交換します。

ピンチローラーやアイドラーを専用クリーナーで清掃します。

メカを本体に戻します。テープ速度はほぼ正常に戻りました。

早送り巻き戻しも好調です。

点検調整に移ります。315Hzの信号が記録されたテープを再生します。わずかに遅い状態です。

調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、バランスと録音ヘッドのアジマス調整を行います。

ポジションの異なる数種類のテープを用いて録音再生状況を確認し、完成です。

-TD-V631
-,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V631

VICTORの3ヘッドデッキ、TD-V631の修理を行いました。「再生はできるが、早送り巻き戻し不可」という不具合を抱えています。オーナー様からは、リールを駆動する樹脂製ギアが欠けているのではないかと …

VICTOR TD-V631 破損ギヤ交換

少し前に当店でDATデッキを修理されたお客様から、今回はカセットデッキの修理依頼をいただきました。 VICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V631です。 不具合の状況ですが、 …

VICTOR TD-V631 ディスプレイ不点灯

ビクターの3ヘッドカセットデッキTD-V631の修理を行いました。 電源が入った状態の写真ですが、ディスプレイ表示が非常に暗いという症状です。少し前に修理したDTC-A8と同じでおそらく電源の故障と思 …

VICTOR TD-V631

昨日のDTC-ZE700とオーナー様が同一のTD-V631です。 3ヘッドデュアルキャプスタンの高性能機です。 再生は正常ですが、早送り・巻き戻しができないという、このシリーズ特有の故障です。 テープ …

検索

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM