Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA7ES

SONY TC-KA7ES リフレッシュメニュー

投稿日:

SONYのESシリーズ最後のフラッグシップモデル、TC-KA7ESです。

希少なブラックモデルです。今回は「リフレッシュメニュー」+「左右ピンチローラー交換」のご依頼です。

イジェクトボタンを押してもリッドが開きません。微かにモーター音が聞こえます。

メカを取り出す段取りに入ります。天板を取り外し、

底板も取り外します。

ここで異変に気が付きました。メカ底部を固定するプレートが逆さまに取り付けられています。これではメカを固定することができません。正式な取り付け方向は3枚目の写真のとおりです。

ロックを内部から解除して、リッドを取り外します。

メカを取り出しました。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ピンチローラーアームとアイドラーを取り外します。

ピンチローラーを交換します。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解します。

基板上の電解コンデンサーを交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカフロント部を分解します。

ベルトが溶けてプーリーに巻き付いています。

綺麗に清掃し、新しいベルトを仮掛けします。

ローターリーエンコーダーを分解します。

接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てていきます。

メカの整備が完了しましたので、本体に戻して動作テストを行います。

忘れずに消磁を行います。最近はカセットタイプを使用しています。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度の点検を行います。許容範囲内です。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアス調整を行った状態で、左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープを用いて録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-KA7ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-KA7ES

SONY最後のフラッグシップモデルTC-KA7ESです。本ブログでは初登場になります。 電源をONにしたり、トレイを閉めたりすると中から変わった異音が聞こえます。テープを入れてもヘッドが上がらず再生不 …

SONY TC-KA7ES

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA7ESの修理です。 5年ほど前からトレイが開かなくなったということです。 電源を入れると異音が鳴り続けます。 操作はまったく受け付けませ …

SONY TC-KA7ES

SONYのESデッキの最終ハイエンドモデル、TC-KA7ESです。 カセットリッドが開かなくなったということです。 電源をONにすると内部からモーターの回転する大きな音が鳴り続けます。 イジェクトボタ …

SONY TC-KA7ES テープ速度不良

今回は非常に珍しい故障の修理を行いました。 SONYのTC-KA7ESです。現在も非常に高値で取り引きされている人気のデッキです。不具合の状況ですが、再生を行うと、数十秒後に速度が低下するというもので …

検索

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM