Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CT-8

PIONEER CT-8

投稿日:

PIONEERのCT-8の修理依頼をいただきました。

1年ほど前まで未使用品として保管されていた機器で、昨年、カウンターベルトの交換等を他店で行ったということです。

早送り巻き戻しはOKですが、右側リールが回転せず再生ができません。

カバーを開けました。さすがに中身も綺麗です。私が所有しているCT-8とは大違いです。

メカを観察します。2枚目の写真の中央に写っているのが再生用のアイドラーですが、再生状態にしてもまったく回転しません。ゴムの劣化ではなく何かメカニカルな故障でしょうか?

フロントパネルを取り外し、メカを引き上げます。

メカを前に倒して、背面から順番に分解していきます。

2枚目写真の中央が先ほどのアイドラーです。写真を撮るのを失念しましたが、シャフト部が固着していましたので、分解し、グリスアップを行いました。アイドラーゴムは特殊なサイズで入手できませんが、状態は良好でしたので、表面を軽く研磨し、専用クリーナーで処理しました。

リールモーターを取り外し、早送り巻き戻し用のアイドラーゴムを代替品と交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、元通りに組み立てます。

ピンチローラーを脱着し、研磨清掃を行います。

メカを本体に組み込みました。走行状態は良好です。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音してバランス調整を行います。

複数のテープで録音再生状況の確認を行います。バイアス固定ですのでテープを選びますが、TDKのADは相性が良いようです。

完成しました。見ても、触っても、聴いても楽しいデッキです。

-CT-8
-,

執筆者:

関連記事

先日修理したPIONEER製CT-8のその後

少し前に当店で修理したPIONEER製CT-8のオーナー様から、「到着時は問題なかったが、使用しているうちに不具合が発生した」とメールをいただきました。 メールの内容としては、 「巻き戻しをしようとし …

検索

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM