Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CR-70

Nakamichi CR-70

投稿日:

近郊にお住まいの方からご依頼をいただきました。

ナカミチのCR-70です。初めて取り扱いする機種になりますが、事前のリサーチにより、これまで何度も修理してきたSANKYO製のメカが搭載されているということがわかりました。

リッドが開かないためテープが閉じ込められています。もちろんメカは無反応です。

カバーを開けます。この機種には、アジマス調整機能が備えられています。DRAGONがオート調整であるのに対し、CR-70はメーターを見ながら手動で調整を行います。内部が詰まっているのは、アジマス調整機能やオートキャリブレーション機能に関係していると思われます。

フロントの化粧パネルを取り外すと、リッドを脱着することができます。

メカはギリギリで取り出すことができます。

テープを取り出すために、カムモーターに直接電圧を印加しメカを強制的に動作させます。

メカのベースは、下位機種のCR-40などと同じですが、メカの右側にアジマス調整ユニットが付加されています。

カセットハウジング内の化粧パネルを取り外します。バックテンション用のベルトに撓みが見られます。

加水分解によりベルトが溶けています。新しいベルトに交換します。

異音防止のため、左右リールを脱着し、グリスアップします。

カセットホルダーを取り外し、

ピンチローラーやヘッドを専用クリーナーで清掃します。

メカ各所の接点を清掃します。

メカ背面の基板を取り外し、

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトと交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

この段階で一度動作テストを行います。しかし、メカがうんともすんとも動きません。

ヒューズが切れていました。交換します。

ようやく動作するようになりました。

アジマス調整ツマミを回すと、カムギヤが動き、ヘッドアジマスを調整します。調整はメーターを見ながら行います。左右チャンネルに含まれる特定の周波数のズレを検知するという画期的な発想により開発されたシステムです。

ここでトラブル発生です。再生時には気が付きませんでしたが、録音再生モニターを行うと、音が揺れています。

ここは想定外でした。左右ピンチローラーにキャプスタンが押し付けられた窪みができています。ピンチローラー清掃時にも気が付きませんでしたが、故障したときの状況が、再生状態でのヒューズ切れで停止したため、このような状態になったものと考えられます。

再度メカを降ろします。ヘッドブロックを取り外します。

右側です。

左側です。

この状態でテストします。音揺れは解消されました。

カセットホルダーがロケットオープン状態となっていましたが、ここのゴムリングは特殊な形状のため交換できません。ところが、クリーナーで清掃を行ったところ改善が見られました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

調整後です。

再生ヘッドのアジマスは調整不要ですので、録音ヘッドのみ調整を行います。

バイアスとレベル調整はオートで便利ですが、古いテープなどで状態にむらがある場合は、調整に幅ができてしまいますので、音質に違和感を感じたときは、テープの状態の良いところでキャリブレーションを行う必要があります。

複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-CR-70
-,

執筆者:

関連記事

Nakamichi CR-70 リールモーター交換

以前当店で修理したCR-70です。 そのときは、テープ走行が途中停止するということでリールモーターの分解整備を行いましたが、 症状が再発しました。今回はほかのモーターと交換を行います。 カバーを開け、 …

Nakamichi CR-70 RCH出力不良&走行不良

Nakamichiの高級機、CR-70の修理依頼をいただきました。 ご依頼は大きく3点です。 再生を開始すると、「①右CH出力不良(メーターは振れるが音が出ない。ヘッドホン出力も同様)」、「②テープが …

Nakamichi CR-70 アイドラーギヤ破損

ナカミチのCR-70の修理依頼をいただきました。 少し前から、テープ終盤で再生が停止する不具合が起きていたため、空テープを早送りするなどによりモーターの内部接点の接触改善を行いながら使用続けていたもの …

Nakamichi CR-70

ナカミチのCR-70の修理依頼をいただきました。 リールが回らなくなったということです。 ボタンを押すとモーターは回転しますがリールは回りません。 化粧パネルを取り外しました。何か物足りないような気が …

検索

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM