Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESL

SONY TC-K333ESL トレイの引っ掛かり

投稿日:

一昨年に当店で取り扱ったTC-K333ESLですが、

トレイが閉まる際に引っ掛かるようになったということで修理を行うこととなりました。

テープをセットしてトレイを閉めようとしても写真の位置で引っ掛かります。このときはテープ検出スイッチの変形が原因と思っていました。

カバーを開けてメカを取り出します。

予想は外れました。テープ検出スイッチに異状は認められません。

トレイメカをじっくり観察します。パーツが飛び出していることに気が付きました。

また、この部分に取り付けられている小さなスプリングが脱落していました。

カセットを押さえつけるための金属製の板バネが飛び出しています。

正規の位置にセットします。

この板バネについて解説します。これは手持ちのパーツですが、板バネは通常、カセットホルダーの内側に写真のように取り付けられてて、カセットテープがグラつかないように押さえ付けます。

しかし、バネの上側は固定されていませんので、無理な力が加わると今回のような状況になります。

おそらく、右写真のように、テープをセットする際に斜めに挿入したため、板バネを外側に押し出してしまったものと思われます。

メカを本体に戻して動作を確認します。

修理完了です。

-TC-K333ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESL ゴムベルトにおけるブリード現象

SONYのTC-K333ESLです。 突然再生ができなくなったということです。7・8年前も同様の症状になり、他店で修理されたということです。 おそらくベルト劣化によるスリップが原因と思われますが、トレ …

SONY TC-K333ESL

このブログ初登場のTC-K333ESLです。といっても今回は修理記事ではありません。 ESG以降のSONY製カセットデッキは、ESL、ESAとモデルチェンジが頻繁に行われましたが、内容としてはマイナー …

SONY TC-K333ESL

今日はSONYの3ヘッドデッキTC-K333ESLの修理です。 トレイ開閉はOKですが、 それ以外は、内部でモーター音がかすかに響くのみで、まったく動作しません。今回は当店の「リフレッシュメニュー」を …

SONY TC-K333ESL

以前お取引いただいたお客様から、別のデッキの修理依頼をいただきました。 SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K333ESLです。 再生ヘッドが上がらず再生不可です。 メカを取り …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

検索

2021年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM