Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESL

SONY TC-K555ESL

投稿日:

少し前に、当店のショッピングサイトからDATデッキを購入されたお客様から、カセットデッキの修理依頼をいただきました。

SONYのTC-K555ESLです。デザインも含め、個人的に好きなモデルです。

トレイが開きません。

カバーを開けてメカを取り出します。

メカのフロント部を分解します。

ピンチローラーを交換します。表面はそれほどではありませんでしたが、コア抜けしていますので、このままではテープの巻き込み等のおそれがあります。

これでキャプスタンモーターを切り離すことができます。

キャプスタンモーターを分解します。

基板上のケミコンに液漏れが見られます。

電解液により基盤が損傷を受けています。断線はしていませんでしたが、念のためバイパスを設けます。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカのフロント部を分解します。

ベルトが溶けていました。

プーリーを脱脂し、新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

元通り組み立てます。

ヘッド表面が錆びています。ザラツキが無くなるまで磨きます。

メカの整備が完了しましたので、本体に載せて走行テストを行います。

ピンチローラー脱着後は、テープパス点検は必須作業です。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度の点検を行います。おおむね±1Hz以内が許容範囲ですのでOKです。

ヘッドアジマスの調整を行います。ヘッドの調整ネジ半回転ほどの狂いでした。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-K555ESL
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESL リフレッシュメニュー

本日は、SONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K555ESLの「リフレッシュメニュー」+「ピンチローラー交換」を行います。 この機種は、我が家でも時々メンテナンスを受けながら現役として活躍しています …

TC-K555ESL モニター切替不良

久しぶりの TC-K555ESLです。 メカの整備をひと通り終えて、試運転です。CDデッキとアンプとの入出力の配線を行い、音出しはOKでしたが、 モニターを「SOURCE」に切り替えると音が出ません。 …

SONY TC-K555ESL

このブログをご覧になった方から、デッキの寄贈を受けました。 SONYのTC-K555ESLです。ぜひ復活させて再び第一線で活躍させたいと思います。 イジェクトボタンを押すと、モーターの音が聞こえますが …

TC-K222ESA ドルビー切替SWのメンテナンス

SONYのカセットデッキをお持ちで、ドルビー切替スイッチの感触が悪いという方はいらっしゃいませんか? 具体的な状態としては、スイッチを切り替えた時に、通常は「カチッ」とメリハリのある感触なのですが、そ …

SONY TC-K555ESL

SONYの高級機、TC-K555ESLです。 6月頃に不動になったということです。 トレイ開閉はOKですが、ヘッドが上がらず再生できません。 早速カバーを開けてメカを取り出します。 分解を進めます。 …

検索

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM