Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

SONY製ESデッキのヘッド不良

投稿日:2021年6月26日 更新日:

近年、SONYのTC-K(ES)シリーズのヘッド不良が数多く見受けられるようになりました。

具体的な状況ですが、メカの整備を終えて、バイアスキャリブレーションを行うと、写真のように、バイアスの掛かりが悪く適正な状態に調整できません。消磁もクリーニングも行いましたし、サービスマニュアルに従って、基板上の調整ツマミを回しても一向に改善が見られません。

この場合、考えられるのは、回路の故障またはヘッドの故障です。しかし、回路の故障というのは可能性が低いので、

とりあえず、ヘッドをほかのものに交換してみます。

あっさりと治りました。経験上、10~20台に一台程度は同様の不具合が見られます。

現在、ヘッドについては、もちろん中古しか手に入りません。また、中古機器が高騰している現在の状況では、部品取り用の機器も高額になっています。しかも悪いことに、高いお金を出してようやく入手したヘッドが正常という保証はありません。

モーターなど汎用性の高いパーツは互換性のあるもので対応できる場合がありますが、ヘッドについてはそう簡単ではありません。今後は費用面などから、修理がますます難しくなりそうです。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ピンチローラーの割れ

先日修理したTC-K555ESXのピンチローラーの件です。 ご覧のとおり、全周にわたり酷いひび割れが生じていました。このピンチローラーは、見た目から、おそらくSONY純正のものと思われますが、これまで …

カセットテープのサイズ

カセットテープは、テープのグレード(Normal,Crom,Metal)や製造メーカーの違いで特性がかなり異なりますので、修理後の動作チェックを行う際には、数種類のテープを用いて行うことにしています。 …

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。 この写真 …

A&D GX-Z9100 超高速回転

久々のGX-Z9100です。 メカの修理を終えて、試運転を行っていたときのことです。メカからコントロール基板に繋がっているケーブルに触れたとたん、「ヒューン」という音が聞こえました。何が起きたのかと思 …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

検索

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM