Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

PC-X66AD

Aurex PC-X66AD

投稿日:

Aurexの2ヘッドカセットデッキ、PC-X66ADの修理依頼をいただきました。

故障後15年以上保管状態だったということですが、当店のブログをオーナー様がご覧になったのがきっかけで今回の修理に至りました。

再生は可能ですが、走行時に異音が発生しています。また、左CHは音が出ず、右CHは音は出ますがメーターが振り切れます。

早送りや巻き戻しはアイドラーがスリップして動作不良です。

再生はとりあえず可能ですので、まずは「音が出ない」「メーター不具合」の修理を進めます。

再生レベル調整用の半固定抵抗です。酸化して真っ黒になっています。

底板が脱着可能ですので整備性は良好です。劣化したパーツを交換します。

これで左右CHから音が出るようになりましたが、今度はメーターが左右とも振り切れています。

メーターの調整用半固定抵抗を交換します。

メーターの動きもおおむね正常になりました。微調整はメカの整備後に行います。

メカ脱着に支障となるADRES基板を取り外します。

メカを取り出しました。

メカ背面です。ソレノイドユニットを取り外し、

キャプスタン基板を取り外し、

キャプスタンフライホイールを取り外し、

ようやく目的のリールユニットにアクセスできます。

アイドラーを脱着して硬化しているゴムリングを交換します。

カウンターベルトを交換します。

誤消去防止検出スイッチ等の接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、元通り組み立てます。

ピンチローラーの状態を点検します。

かなり硬化が進行していますので交換します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

VOL類のガリは、内部から接点復活剤を処置します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

再生レベルの調整を行います。

メーターの調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録音バランスとレベル調整を行います。

録音時に接触不良が原因と思われるノイズがときどき混じります。

録音レベル調整用の半固定抵抗を交換します。

これで完了という直前に新たな不具合が判明しました。ADRESをONにして録音再生すると音が籠ります。オーナー様に修理の是非を確認し、

今回はここで修理完了となりました。

-PC-X66AD
-,

執筆者:

関連記事

Aurex PC-X66AD(その1)

先月に引き続き、PC-X66ADの修理依頼をいただきました。 2年ほど前に他店で修理したものの、最近テープ走行ができなくなったということです。修理後にその業者から、「モーターが弱っているのであまり長い …

Aurex PC-X66AD

当ブログ初登場、Aurex製のカセットデッキPC-X66ADです。これまで当店で2台のカセットデッキを修理されたお客様からのご依頼です。 なぜか、Aurexとは今まで縁がありませんでした。 2ヘッド、 …

Aurex PC-X66AD(その2)

Lchのメーター故障が判明したAurexのPC-X66ADに関する修理の続きです。その時の記事は以下ご覧ください。 Aurex PC-X66AD(その1) ジャンク機を入手しました。 早速メーターを取 …

検索

2021年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM