Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESL

SONY TC-K222ESL

投稿日:

近郊の札幌市にお住まいの方からのご依頼です。

2年ほど前から不動となっていたということです。

モーター音は鳴りますが、トレイが開きません。

カバーを開けます。

メカと基板を取り外します。

この機種とESAは、まずは基板を修正します。アースラインとして銅板が用いられていますが、

その半田部にクラックが発生し、いずれ不具合が発生しますので、銅板の半田付け箇所すべてを補強します。また、折角ですので、入出力端子の半田箇所も補強します。

続いてメカのメンテナンスです。

ピンチローラーアームを脱着する際には、必ず元の位置を測定します。その結果、取付シャフトが抜け出していることがわかりました。

ピンチローラーアームとアイドラーを取り外します。

ピンチローラーを交換します。

キャプスタンモーターを切り離します。

分解します。

先ほど異状が見られたシャフトは簡単に外れてしまいます。差し込みの圧入部に抜け防止処置を行います。

モーター基板の電解コンデンサーに液漏れが発生しています。

新しいコンデンサーを取り付けます。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカのフロント部を分解します。

ベルトが溶けてプーリーに貼り付いています。

オレンジクリーナーで清掃します。

新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

よふぉれた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

元通り組み立てます。

ピンチローラーは製造時の位置に調整します。

本体に組み込んで走行テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状況を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーションの動作良好です。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-K222ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY TC-K222ESL

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TCK222ESLの修理です。 30年前に新品購入したそうですが、あまり使用していないものの、いつの間にか不動になったということです。私も同じ頃に …

SONY TC-K222ESL ピンチローラーのコア抜け

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理依頼をいただきました。 10年ほど前に一度修理歴があるということですが、最近、再生時に音のひずみ(テープが伸びた感じ)が …

SONY TC-K222ESL テープ損傷、回転センサー故障ほか

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理依頼をいただきました。 つい最近、中古動作品として購入されたそうですが、テープを痛めるということです。 原因は限定的です …

SONY TC-K222ESL

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理依頼をいただきました。 5年ほど前から不動となり、メーカーに修理を断られてそのままの状態だったということです。 イジェク …

検索

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM