Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CT-980

PIONEER CT-980 ヘッド固着~修理中止

投稿日:

以前からお取引いただいている方から、PIONEERの3ヘッドオートリバースカセットデッキ、CT-980の修理依頼をいただきました。

数年前に不動品として購入されたということです。

左側のキャプスタンが回転していませんのでベルトが切れています。しかし、これまでの経験上、それ以外にも不具合があるのは間違いありません。特に、このメカでは回転ヘッドの固着が心配です。

カバーを開けて、メカを取り出す準備を行います。

形状が同じコネクタを抜き挿ししますので、脱着前に位置確認を十分行う必要があります。

メカを取り出します。PIONEERのこの頃のオートリバース機は、左右リールが独立したDDモーターで回転します。

メカ底部です。右側の黒色のフライホイールに溶けたベルトが貼り付いています。

まず最初に、最も心配な回転ヘッドの状態を点検します。しかし、残念ながら完全に固着していました。以前も同様の故障を経験しましたが、修理は非常に困難なうえに、スムーズにヘッドが回転するためには回転部分の研磨修正が必要となり、その結果、回転時にヘッドのグラつきが大きくなります。元々、回転ヘッドについては、構造上、回転時のグラつき対策が最大の課題ですので、かなりの高精度で製造されています。それを研磨することにより、ヘッドがグラつき、結果としてテープとの位置関係が変化し音質に悪影響を及ぼします。

オーナー様にその旨ご連絡し、今回はここで修理中止となりました。

-CT-980
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER CT-980

PIONEERの3ヘッドオートリバースカセットデッキ、CT-980の修理依頼をいただきました。 オーナー様が高校生の時に購入されたデッキで、20年前に一度パイオニアで修理したものの、半年後にまた動かな …

CT-980 修理不可

最近ブログの更新が滞っていましたが、この3日間ほど、PIONEERのオートリバースデッキ、CT-980の修理に取り組んでいました。 完全不動のジャンク品としてオークションで購入したのですが、初めて扱う …

CT-980 誤作動?

昨日から、PIONEERのオートリバースカセットデッキ、CT-980の修理に没頭していました。このデッキのリバース機構は、グリス切れによる動作不良を起こしますので、パーツ同士が擦れる箇所にはすべてシリ …

検索

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM