Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESA

SONY TC-K333ESA

投稿日:2021年9月8日 更新日:

少し前に当店でCR-70を修理されたお客様からのご依頼です。

10年ほど保管状態だったということです。

トレイが開きません。また、片CH録音不良があるということです。

カバーを開けました。

ロックを指で解除してトレイを開き、リッドを取り外します。

メカを取り出して分解を進めます。

 

キャプスタンモーターユニットを切り離します。

モーターユニットを分解します。

液漏れが見られるコンデンサーを交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトに交換します。

メカフロント部に移ります。ベルトが溶けてプーリーにこびり付いています。

分解します。

こちらにもベルトが巻き付いていますのでプーリーを脱着して洗浄します。

新しベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

接点を研磨清掃します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

元通り組み立てていきます。

ピンチローラーは状態が良好ですので、専用クリーナーで清掃し再利用します。

メカを本体に組み付け、動作テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

オーナー様のお話しどおり、LCHの録音が不良です。この症状は、以前、同機種で経験済みです。

キャリブレーションのRECLEVELの接触不良ですので、VOL背面の隙間から接点復活剤を微量注入します。

不具合は解消されました。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-TC-K333ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESA Dolby-ICの故障

今日はTC-K333ESAの修理を行いました。再生不良はいつものとおりメカのモードベルトが原因でした。 順調に作業を進め、調整段階に移りました。が、 再生は正常でしたが、録音ではLchのレベルが極小で …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY TC-K333ESA

SONYのTC-K333ESAの修理依頼をいただきました。 久しぶりに使用したところ、トレイ蓋が開かないということです。 イジェクトボタンを押すと、モーターの動作音が聞こえますが、反応はありません。 …

SONY TC-K333ESA キャプスタンモーターが回転しません。

DATデッキの修理の関係でお付き合いのあるお客様からをSONY製カセットデッキTC-K333ESAの故障品を買取りいたしました。 状態を確認したところが、キャプスタンモーターが回転していません。 この …

SONY TC-K333ESA

SONYのTC-K333ESAです。 しばらく使用しない間に不動となったということです。 電源を入れると内部から異音が聞こえますがトレイは開きません。 メカを降ろす準備を進めます。 内部からトレイのロ …

検索

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM