Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A8

SONY DTC-A8

投稿日:

SONYの業務仕様のDATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。

「CAUTION]表示が出て再生できないということでしたが、

当店で動作確認したときは、一応再生可でしたが、おそらくベルト劣化が原因ではないかと思われます。また、ローディング時に「キキキキー」とグリスが切れたような嫌な音がしますので、いずれにしてもメカの分解整備が必要です。

カバーを開けてメカを取り出します。

この機種に多く見られる不具合ですが、ピンチローラーの留め具が抜け出しています。このままではピンチローラーが脱落してしまいますので、後ほど処置を行います。

メカを裏返して基板を取り外します。

構成ユニットを取り外していきます。

リングギヤに固着はありません。回転部分にグリスアップを行います。

硬化変形したベルトを交換します。

リールユニットです。

カバーを開けてブレーキパッドの状態を点検します。問題ありません。

カセットホルダーを切り離します。

指で摘まむとピンチローラーは簡単に抜けてしまいました。

この白色の留め具がひび割れているのが原因です。この留め具をオークションで販売されているのを見たことがありますが、結構な価格でした。しかし、同じものに交換しても同じ結果に至りますので、

極細のシリコンホースを切断し代用します。

カセットを検出するスイッチの隙間から接点復活剤を微量注入します。

ローディングベルトの状態を点検します。良好です。

メカを元通り組み立てて、本体に組み付け動作テストを行います。

ヘッドホンVOLに酷いガリが発生しています。

VOL背面の隙間から接点復活剤を微量注入します。

モード別、入出力別の録音再生状況を確認し、修理完了です。

-DTC-A8
-,

執筆者:

関連記事

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

SONY DTC-A8 動作不良

今日はDTC-A8の修理を行いました。 不具合の状況ですが、再生はするものの、テープ挿入後のローディングの動作が極端にゆっくりというものです。通常の2倍くらいの時間がかかります。モードベルトが劣化して …

SONY DTC-A8

お客様からDTC-A8の修理依頼がありました。「CAUTION」表示のまま不動とのことです。早速機器を送っていただきました。 電源をONにしたとたん、写真のようになりまったく操作不能です。 筐体を開け …

SONY DTC-A8

本日の修理はSONY製のDATデッキDTC-A8です。 レコーディングスタジオなど業務用での使用を前提に開発されたモデルで、民生用のDTC-ZA5ESをベースにINPUT端子の増設が行われているほかフ …

ヘッド故障の理由

今回、DTC-ZA5ESのヘッド故障機を2台連続してお預かりしました。DTC-ZA5ESは比較的新しい機種ですが単なる偶然でしょうか?私は日頃DTC-1000ESを愛用していますが、これまでDTC-1 …

検索

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM