Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-77ES

SONY DTC-77ES

投稿日:

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESの修理依頼をいただきました。

リッドが開かず、テープが閉じ込められた状態です。何年か前に同じ症状でSONYサービスで修理したものの再発したということです。

電源をONにすると、「CLOSE」が点滅した状態のままです。

カバーを開けてメカを観察します。

メカを取り出して手動でトレイを開けてテープを救出します。

テープガイドが下がり切った状態ですが、位置に異状が見られます。

故障の箇所を特定するため、私が所有する77ESにメカを接続します。やはりメカは動作しませんので、回路ではなくメカ自体の故障です。

メカの分解整備を行います。

メカを裏返し、基板を取り外します。

テープガイドを駆動するリングギヤの一部が固着しています。これが故障の原因と思われます。

メカの構成ユニットを取り外します。

リングギヤです。製造時に塗られたグリスは、表面は前回のSONYでの修理時に除去されたようですが、裏側はそのままのため硬化し動作不良となっています。古いグリスはすべてCRCなどで溶かしながら除去し、シリコングリスを処置します。

モードベルトを交換します。

2DDリールユニットです。

分解しブレーキパッドの点検を行います。

元通り組み立てます。

純正のスポンジ製ヘッドクリーナーが見えますが、

カセットホルダーを一旦取り外し、

ヘッドを痛める原因となりますので、アームごと撤去します。

スポンジが変質してボロボロです。この状態でヘッドと密着していると腐食の原因となります。

回転ドラムに腐食が見られないか点検します。幸いにも問題はありません。

ピンチローラーの状態は良好です。中心部の留め具の離脱防止処置として、微量接着剤を塗布します。

テープの検出スイッチです。接触不良防止として隙間から接点復活剤を処置します。

メカを仮接続して動作テストを行います。

モード別、入出力別の録音再生状況を確認し、修理完了です。

-DTC-77ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-77ES トレイ開閉不可

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESです。 トレイが開かなくなったということです。 リモコンも反応しません。 そもそも電源ONで即CAUTION表示ですので、動くはずがありません。 メカを …

SONY DTC-77ES

DTC-77ESの修理依頼をいただきました。 シャンパンゴールドモデルです。発売当時はブラックモデルが売れたようですが、現在ではこちらの方が高値で取り引きされています。 テープをセットし動作確認を行い …

DTC-77ES RFアンプ修理

久しぶりのDTC-77ESの修理です。いつものようにメカの分解整備を終え、続いてRFアンプの状態を点検したときのことです。 基板とケースを分離しました。すると・・・? 拡大するとこんな風になっていまし …

SONY DTC-77ES トレイ開閉不可

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESの修理依頼をいただきました。 新品購入後の修理歴は無く、2・3か月前までは正常に動作していたということですが、 イジェクトを押してもトレイが開かないので …

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM