Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CR-50

Nakamichi CR-50

投稿日:

ナカミチのCR-50の修理依頼をいただきました。

5年ほど前に中古購入された機器ということです。

操作ボタンのランプが全点灯しています。テープ走行が不調で、再生は不可、早送りはボタンを押した後3秒ほど経たなければ動作しません。

カバーを開けます。右側の基板は3層になっていますが、ドアのように開閉できますので整備性は良好です。

メカを取り出します。お馴染みのSANKYOメカです。

バックテンションベルトが消失しています。

溶けたベルトが絡みついています。

こちら側も同様です。いずれも洗浄を行います。

新しいベルトを掛けます。

カセットを検出するスイッチの接点を磨きます。

アイドラーを取り外し、

リールモーターを空転させて内部接点の接触改善を図ります。

カムモーターを取り外し、

リーフスイッチの接点を磨きます。リールモーターと同様、数時間ほど空転させます。

メカ背面の基板を取り外し、

キャプスタンのシャフトにグリスを処置します。

新しいベルトに交換します。

テープポジション検出スイッチです。

分解し接点を磨きます。

メカを組み立てて本体に戻します。動作OKです。

コントロール基板の電池交換を行います。容量の大きいCR2045タイプです。

続いて基板上のオレンジキャップ(フィルムコンデンサー)の交換を行います。

海外のサイトでは、写真のようにCR-50(海外の製品名は「CR-5」)専用の交換セットが販売されていますが、部品のみで10000円以上と高価なため、サービスマニュアルから部品の規格を調べて国内のパーツセンターに発注します。

電源基板、ドルビー基板、オーディオ基板など、計約30ケほどあります。

交換後です。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

最後に聴感テストを行い、修理完了です。

-CR-50
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM