Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESA

SONY TC-K333ESA

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K333ESAの修理依頼をいただきました。

10年ほど前に故障し、保管状態だったということです。

操作ボタンを押すとモーター音は聞こえますが、動作しません。

早速カバーを開けてメカを取り出します。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外しました。

ピンチローラーアームを取り外す前に、元の位置を測定します。製造時は21.0±0.1mmですので、少し前方に移動しています。

分解を進めます。

キャプスタンモーターユニットを分解します。

モーター基板上の電解コンデンサーを交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置し、ベルトは新品交換し組み立てます。

メカフロント部を分解します。

ベルトが溶けてモータープーリーに巻き付いています。

ベルトが掛かるプーリーを脱脂します。

新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

汚れた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

元通り組み立てていきます。

ピンチローラーは弾力がありますので再利用しますが、表面がテカっています。

専用クリーナーで清掃すると、表面がしっとりします。

整備が完了したメカを本体に戻して動作テストを行います。

点検調整に移ります。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-TC-K333ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESA

SONYのTC-K333ESAの修理依頼をいただきました。 久しぶりに使用したところ、トレイ蓋が開かないということです。 イジェクトボタンを押すと、モーターの動作音が聞こえますが、反応はありません。 …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY TC-K333ESA リフレッシュメニュー

故障後長期間保管状態にあったというTC-K333ESAに「リフレッシュメニュー」を施します。 イジェクトボタンを押してもモーターの動作音が聞こえるのみです。 早速カバーを開けます。 内部からロックを解 …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K333ESA キャプスタンモーターが回転しません。

DATデッキの修理の関係でお付き合いのあるお客様からをSONY製カセットデッキTC-K333ESAの故障品を買取りいたしました。 状態を確認したところが、キャプスタンモーターが回転していません。 この …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM