Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-7010

TEAC V-7010

投稿日:

TEACの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、V-7010の修理依頼をいただきました。

10年ぶりに使用したところ、テープが絡み、カセットが取り出せない状態になったということです。

カセットは何とか取り出したということですが、

再生を開始すると、「クシャクシャ」という音がします。カセットを取り出すと、テープが痛んでいました。

カバーを開けます。

上部のパネルを取り外し、メカを取り出します。

カセットハウジング内の化粧パネルを取り外すと、バックテンション用のベルトがありません、

リールを取り外すと、溶けたベルトが巻き付いています。

付着した汚れは、オレンジクリーナーで洗浄します。アルコールやマジックリンを使用すると、回転検知用の模様が消えてしまいますので注意が必要です。

新しベルトを掛けます。

このメカのウィークポイントのメンテナンスを行います。メカ向かって右上のカムモーターユニットです。

ユニットごと脱着し、カムを取り外します。

リーフスイッチの接点を磨きます。

このモーターは出番が少ないため固着することがありますので、その対策として、直接電圧を加え数時間ほど空転させます。

アイドラーギヤを取り外します。

このリールモーターは内部接点の接触不良が起きやすいため、先ほどと同様数時間空転させ、接点の自己改善を図ります。

キャプスタンモーターです。基板とフライホイールを取り外します。

シャフトにグリスを処置し、ベルトを新品交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

メカを元通り組み立てて、本体に戻します。テープ走行状況は良好になりました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。この機種は調整できませんが、±1%以内ですので問題ありません。

ヘッドアジマスの点検を行います。大幅な狂いが見られましたので調整します。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-V-7010
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-7010

本日は初登場のTEAC V-7010です。AKAIのGX-F80と2台、同じお客様から修理依頼がありました。GX-F80については後日記事にしたいと思います。 精悍なデザインです。再生後数秒で停止する …

TEAC V-7010

約3年ぶりにTEACの高級カセットデッキ、V-7010の修理依頼をいただきました。 テープの巻き込み、録音バランスの狂い、という不具合を抱えているということです。オーナー様はバックテンションに問題があ …

TEAC V-7010

TEACの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、V-7010の修理依頼をいただきました。 久しぶりに使用したところ、再生が不調になっていたということです。 再生開始直後は一瞬正常に再生されますが …

TEAC V-7010

TEACの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、V-7010の修理依頼をいただきました。 症状は、当店のブログに掲載した以下記事と同様ということです。 TEAC V-7010 RECVOLの化粧 …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM