Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-ZA5ES

SONY DTC-ZA5ES

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESの修理依頼をいただきました。

新品購入後、特に問題なく動作していたということですが、「トレイが勝手に閉まる」という症状がでるようになり、その後、テープ走行不可になったということです。

カセットをセットすると、「キーン」とモーターが高回転する音が聞こえ、その後CAUTION表示となります。

カバーを開けます。

目視で動作確認します。カセットをセットしてもテープがヘッドまで引き出されません。

メカを取り出して裏返しにします。

基板を取り外すと、可動式テープガイドなどを駆動するためのベルトが切れていました。

新しいベルトに交換します。なお、通常はほぼ100%、グリス硬化によるメカ固着が見られますが、この機体ではそれはありませんでした。

ローディングベルトを点検すると、今にも切れそうな状態です。

同じ長さのゴムベルトは入手できませんので、バンコードを用いてベルトを作成します。

カセットホルダー部です。開閉時にプラスチックパーツ同士が擦れる箇所の摩擦が大きくなって開閉不良に至りますので、関係する箇所にグリスを処置します。

カセットホルダーを取り外します。

ピンチローラーの硬化が見られます。

ゴム部を張り替えたものと交換します。

ピンチローラーを固定する留め具は、割れて脱落することがありますので、シリコンチューブで代用します。

白色の四角いパーツはカセットを検出するスイッチです。接触不良が起きやすいので、隙間から微量、接点復活剤を処置します。

メカを本体に組み込み、動作テストを行います。

ヘッドホンVOLにガリが見られますので、VOL背面の隙間から接点復活剤を処置します。

モード別、入出力別の録音再生状況を確認し、修理完了です。

-DTC-ZA5ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-ZA5ES

1年ほど前からお付き合いのあるお客様からDTC-ZA5ESの修理依頼をいただきました。テープ走行はするものの、次第に音が出なくなってきたとのことです。 機器が到着しましたので、早速状態を確認します。と …

SONY DTC-ZA5ES

今日はSONY社製DATデッキ、DTC-ZA5ESのメンテナンスです。 このデッキは、1995年に発売され、信頼と実績のある4DDメカを搭載した当時130,000円の高級機で、これまでの重厚なデザイン …

SONY DTC-ZA5ES テープガイド等の不良

今年の1月に当店で整備したSONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESの再修理です。 再生は良好ですが、録音が不調になったということです。早速CDを録音し、状態を確認します。 録音したテープを再生します …

SONY DTC-ZA5ES

この記事のひとつ前のTC-KA3ESと同じお客様のDATデッキです。 メカのメンテナンスとヘッドホンVOLのガリ解消というご依頼です。 テープ走行は特に問題ありませんが、ヘッドホン端子からの出力では「 …

SONY DTC-ZA5ES

今月に入って4台目のDTC-ZA5ESです。トレイ開閉はOK、テープを挿入するとCAUTION表示が出て操作不能という状態です。 この機種はやはりゴールドモデルが人気ですね。 テープを挿入すると「ジー …

検索

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM