Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V631

Victor TD-V631 ギヤ破損・ベルトスリップ

投稿日:

Victorの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V631の修理依頼をいただきました。

テープ走行不可ということです。

動作確認したところ、再生はできました。しかし少し動作が不安定です。

早送りと巻き戻しは完全にNGですので、メカ内部のギヤ欠けが疑われます。

メカを取り出す準備を進めます。

この機種のメカ脱着は、配線が邪魔になりますので、それを回避するために、まずはメカ上部の基板を取り外します。

コネクタを切り離し、メカを下部から取り出します。

モーターユニットを取り外します。

左はヘッドとピンチローラーの上下用、右は早送り巻き戻し用です。では再生用は?というと、VictorのTDシリーズのほとんどは、再生時はキャプスタンの回転を利用してリールを回す仕組みになっています。

早送り等用のギヤが欠けています。

代替ギヤと交換します。

もう片方も破損ギヤと同じ材質でできていますので、代替品に交換します。

交換後です。

ゴムパーツを専用クリーナーS-721Hで処理します。黒色の円形の部品は、再生時にリールを回転させるためのアイドラーです。

メカを元に戻して動作テストを行います。ところが、早送り巻き戻しは正常に回復しましたが、再生を開始すると、徐々にテープ速度が遅くなります。

点検したところ、キャプスタンベルトがスリップしていましたので、交換を行います。この機種は、珍しいベルト2本掛けです。

表面が劣化し、スベスベになっていました。前述のとおり、この機種は、再生時はキャプスタンの回転を利用してリールを回しますので、ベルトが緩いと、リールの負荷が掛かったときにスリップしてしまいます。

交換後は正常に戻りました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、録再バランス調整を行います。

聴感で音質を確認し、修理完了です。

-TD-V631
-,

執筆者:

関連記事

Victor TD-V631 アースライン増設

少し前に修理したVictorのTD-V631ですが、「無音時にノイズが発生する」とご連絡をいただきました。 早速機器をお送りいただき、ブランクテープを再生しました。使用に差し支えるほどのノイズです。両 …

VICTOR TD-V631 ディスプレイ不点灯

ビクターの3ヘッドカセットデッキTD-V631の修理を行いました。 電源が入った状態の写真ですが、ディスプレイ表示が非常に暗いという症状です。少し前に修理したDTC-A8と同じでおそらく電源の故障と思 …

Victor TD-V631 破損ギヤ交換

先日のGX-R60と同じお客様からのご依頼です。 Victorの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V631です。 再生はOKですが、早送り巻き戻しは、ガチャガチャという音がして、リール …

Victor TD-V631 ギヤ破損&ベルトスリップ

Victorの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V631です。 症状は、「早送り巻き戻し不可」「テープ速度の低下」ということです。いずれも少し前に修理した同型機と同じ原因と思われます。 …

VICTOR TD-V631

昨日のDTC-ZE700とオーナー様が同一のTD-V631です。 3ヘッドデュアルキャプスタンの高性能機です。 再生は正常ですが、早送り・巻き戻しができないという、このシリーズ特有の故障です。 テープ …

検索

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM