Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESA

SONY TC-K222ESA

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESAです。

最近入手されたということですが、

イジェクトボタンを押してもリッドが開きません。

カバーを開けてメカを取り出し分解を進めます。

左側ピンチローラーは調整式になっていますので、取り外す前に位置を記録しておきます。しかし、製造時よりも0.3mmほど前方にせり出していることがわかりました。シャフトの抜け出しが起きている可能性があります。

SONYのESG以降のメカは、ピンチローラーの位置が0.1mm狂っただけでもテープの巻き込みを起こすことがあります。

ピンチローラーとアイドラーを取り外しました。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターユニットを分解します。

先ほどのピンチローラーアームは、写真のように取り付けられているのですが、

10~20台に1台程度ですが、スプリングの力でシャフトが抜け出していることがあります。もちろん製造上の問題です。

製造時は47.7~8mmですが、やはり0.3mmほど抜け出しています。

ペンチで摘まむと、簡単に抜け出してしまいました。抜け出し防止措置としてシャフトに傷を付けて、打ち込みます。

モーター基板の液漏れコンデンサーを交換します。

シャフトにグリスを処置し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカのフロント部を分解します。

ベルトが加水分解で伸びきっています。

プーリーをアルコールで脱脂し、新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

汚れた接点を清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

元通り組み立てていきます。

先ほど仮掛けしたベルトは、この時点でモータープーリーに掛け直します。

キャプスタンモーターユニットを組み付けます。

ピンチローラーは表面を研磨し、専用クリーナーで処理し再利用します。

ピンチローラーを取り付けます。左側は、製造時の位置に調整します。

メカの整備が完了しました。

この機種と222ESLは、必ず点検しなければならないことがあります。

基板を取り外します。

指で触れているのは、銅板のアースラインですが、

その半田付け箇所にクラックが入り、動作不良を起こしますので、

再半田を行います。

ついでに、力が加わる入出力端子も再半田します。

メカを本体に戻して走行テストを行います。

調整に移ります。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

録再バランス調整を行い、

最後に聴感で音質を確認し、完成です。

-TC-K222ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K222ESA

今日の修理はSONY製カセットデッキ、TC-K222ESAです。 1991年ごろに発売されたESA3姉妹の末っ子ですが、メカニズムは上級機と同じで実力十分のハイコストパフォーマンスデッキです。 依頼の …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K222ESA

お客様からTC-K222ESAの修理に関するお問い合わせがありました。 トレイ開閉は可能、再生不可とのことです。ちょうど同型機をオークションに出品していたので、それをお勧めしましたが、修理をご希望され …

TC-K222ESA ドルビー切替SWのメンテナンス

SONYのカセットデッキをお持ちで、ドルビー切替スイッチの感触が悪いという方はいらっしゃいませんか? 具体的な状態としては、スイッチを切り替えた時に、通常は「カチッ」とメリハリのある感触なのですが、そ …

SONY TC-K222ESA

SONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K222ESAです。 数年前から不動であったということです。 トレイ開閉はOKですが、それ以外は動作しません。 カバーを開けて整備に移ります。 この機種では、メ …

検索

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM