Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-1000

YAMAHA KX-1000 バイアスVOL故障

投稿日:

これまで何度かお取引いただいている方からのご依頼です。

YAMAHAのKX-1000ですが、LCHの録音不良ということです。

まずは、再生の周波数特性を点検します。高域が減衰しています。

ヘッドアジマスはそれほど問題はありません。

消磁してみます。

かなり改善が見られました。

しかし、録音では、再生モニター時にレベル低下が見られます。特に高域の出力がほぼありません。

カバーを開けます。まずはヘッドの点検を行います。

録音ヘッドのコネクタを引き抜きます。

左右の端子を入れ替えてみました。この状態で録音を試すと、不具合が左右入れ替わりましたので、ヘッドに問題は無いことが分かりました。

左右に同じ周波数の信号を入力して録音状態にし、回路図を見ながら、オシロスコープで信号を追っていくと、録音ヘッドの直前で左右に明らかな違いが現れました。

録音ヘッド直前には、バイアス調整回路が接続されていますので、HX-PRO用のICの端子電圧を測定してみると、ここに異状が見られました。このICの端子電圧に影響を及ぼしそうなところといえば、

ICの直前のバイアス調整VOLです。早速底板を外して、VOLの抵抗値を測定してみると、予想通り、LCH側が絶縁していました。

しかし、端子も形状も特殊なタイプのVOLが用いられていて、交換するとなるとジャンク機からの移植ということになりますが、現実的ではありません。

絶縁しているLCHに半固定抵抗を接続します。

LCHの不具合は、ほぼ解消されました。ただし、テープごとにバイアス調整することは困難ですので、オーナー様と協議を行い、今回はここまでとなりました。

最後にテープ速度、

ヘッドアジマス、

録再バランス調整を行い、

以上修理完了となります。

-KX-1000
-,

執筆者:

関連記事

YAMAHA KX-1000

今年2台目のKX-1000です。 「再生は不可。早送りや巻き戻しは動作するが弱々しい。」という状態です。今回はメカの不具合個所のみの修理ということで依頼を受けました。 キャプスタンは回転しているようで …

YAMAHA KX-1000

当ブログ初登場のYAMAHA製3ヘッドカセットデッキKX-1000の修理を行いました。 dbxやマニュアルバイアス調整機能を搭載した高性能機です。 キャプスタンは回転しているようですが、アイドラーがス …

YAMAHA KX-1000

以前GX-9100EVを当店で修理されたお客様から、今回は、YAMAHAのKX-1000の修理依頼をいただきました。 非常に綺麗な機体です。再生は良好ということですが、録音時の消去不良とバイアス調整不 …

YAMAHA KX-1000

今日はYAMAHAの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、KX-1000の修理を行います。 約1年ぶりのKX-1000です。状態は「不動」です。 カバーを開けました。キャプスタンベルトが溶けてい …

YAMAHA KX-1000

少し前に、1年ぶりに取り扱ったYAMAHAの3ヘッドカセットデッキKX-1000ですが、今度は別のお客様から修理依頼をいただきました。 ジャンク機をオークションで購入されたということですが、なかなか外 …

検索

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM