Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESX

SONY TC-K555ESX 再生-即停止

投稿日:

SONYのTC-K555ESXです。

数年ぶりに動かしたところ、テープ走行が1秒ほどで停止するという状態になっていたということです。

点検を行います。トレイは、このメカの定番の故障であるロケットオープン状態になっています。

カセットをセットし、再生を開始します。リールは回り始めますが、即停止します。オートストップが誤作動しています。

カバーを開けます。

メカを取り出します。

まずは、ハウジング内の化粧パネルを取り外し、その裏のプリズムの状態を点検します。このプリズムによって、ランプの光が、回転センサーに導かれるのですが、表面がほこりなどにより曇ってしまった場合、光量不足となり回転センサーが誤作動します。

予想に反し、曇りはほとんど見られませんでしたが、入念に清掃します。

カセットホルダーを取り外し、写真の状態で動作テストを行います。しかし、改善は見られませんでした。オートストップのセンサーまたは回路の故障でしょうか?私の勘では、そうでないような気がします。

光源のランプです。特に問題は無いように見えます。

リールを脱着し、センサー表面を清掃します。

反対側も同様です。

今度はうまくいきました。再生が勝手に停止することは無くなりました。センサー表面に肉眼では分からないほどの汚れが付着していたようです。

次に移ります。ロケットオープンの原因となったダンパーゴムを交換します。

組み立てて、動作確認を行います。

キャプスタンモーター基板を取り外します。

フライホイールとベルトも取り外します。

このメカで固着しやすいのは、右写真のレバーの支点です。ここが固着してヘッドが上がらなくなりますので注油を行います。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

点検調整に移ります。315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の確認を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-TC-K555ESX
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESX 人為的なコネクタ誤接続

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESXです。 故障機を仕入れて修理し販売を営んでいる方からのご依頼です。不具合は2点ということです。 「再生を開始してもすぐにヘッド …

SONY TC-K555ESX

このブログを始めてから最初の555ESXです。 「動作するが音は出ない」とのことです。 EJECTボタンを押すと、いわゆる「ロケットオープン」状態です。ダンパーが効かずにもの凄い勢いでトレイが開きます …

SONY TC-K555ESX オートストップ誤作動&回転センサー用IC故障

SONYのTC-K555ESXです。 20年ほど使用していなかったということで、再生等が即停止してしまう状態ということです。今回はメンテナンスも併せて実施します。 トレイが急激に開く「ロケットオープン …

SONY TC-K555ESX

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K555ESXの修理を行います。 突然ヘッドが上がらなくなったということです。 トレイ開閉がロケットオープンになっています。 カバーを開けて …

SONY TC-K555ESX

TC-K555ESXの修理依頼をいただきました。 2点不具合を抱えているとのことです。 1点目は、この機種に必ず起こる「ロケットオープン」です。トレイが開くときのスプリングの力を吸収するダンパーの劣化 …

検索

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM