Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESL

SONY TC-K222ESL ピンチローラーのコア抜け

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理依頼をいただきました。

10年ほど前に一度修理歴があるということですが、最近、再生時に音のひずみ(テープが伸びた感じ)が生じるようになったということです。この程度の情報では判断は難しいところですが、キャプスタンモーター基板の故障、もしくはピンチローラー劣化による走行系のトラブルと思われます。

まずはピンチローラーを点検します。写真では見えにくくなっていますが、サプライ側の状態が非常に怪しい状況です。

カバーを開けてメカを降ろします。

カセットホルダーを切り離します。

このピンチローラーに問題がありそうです。

調整式になっていますので、取り外す前に元の位置を測定しておくと、組み付けが楽になります。

やはりコアの部分がスカスカになっていました。

同サイズの代替品と交換します。

メカを元通りに組み付けて動作テストを行います。

ピンチローラーアーム脱着後はテープパス点検が必須です。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視確認します。

テープガイドの微妙な調整によりヘッドアジマスも狂いますので調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-TC-K222ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K222ESL

今日はSONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K222ESLの修理を行います。 電源を入れると「キュッキュッ・・・・」という異音が鳴り続けます。キャプスタンのオイル切れでしょうか?また、操作はまったく …

SONY TC-K222ESL

先日に続きTC-K222ESLの修理です。 10年ほど前に故障し、不動状態のままだったということです。 トレイが半開きになっている、と思ったら、 リッドのツメの上部2か所が折れていました。これを完全に …

SONY TC-K222ESL

このところSONYのESデッキの修理依頼が続いています。 昨日に引き続き、TC-K222ESLです。 テープ走行できませんが、トレイが開閉するということは、ベルトが若干伸びていると思われます。 メカと …

SONY TC-K222ESL 

久しぶりに修理依頼をいただいたTC-K222ESLです。私も発売当時の約30年前に購入し、現在もメンテナンスを行い使用しています。 ご依頼いただいた機体は、大きく2点の不具合を抱えています。 1点目は …

SONY TC-K222ESL

TC-K222ESLのウィークポイントのひとつに「キャプスタンモーター基板の実装型電解コンデンサーの劣化」があります。 液漏れにより故障しますので修理の際には必ず交換が必要です。ところが、今回もいつも …

検索

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM