Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

A&DのGX-Z9100です。

トレイ開閉に不具合を抱えています。

点検時は開閉可能な状態でしたが、カムモーターの劣化による異音が気になります。また、再生は、ヘッドが上がらず不可でした。

カバーを外し、メカを取り出します。

このメカでは、テープガイドが破損しやすいため、最初に点検します。問題ありません。

カセットホルダーを分解します。

ホルダー内蔵のスプリングを脱着して、

加熱整形し機能復旧します。

ヘッド周りの固着はありませんでしたが、製造時に塗られたと思われるグリスが固まりかけています。

分解した状況です。古いグリスはシリコングリスに置換します。

硬化したピンチローラーを交換します。

左右リールとアイドラーを取り外し、

ゴムリングを交換、

ゴムの接する面をアルコール脱脂します。

メカ背面の基板を取り外します。

フライホイールです。ゴムベルトの当たり面を清掃します。

異音を発していたカムモーターを交換します。

スリップしていたベルトを交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

メンテナンスの完了したメカを本体に組み込んで動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録音再生状況を確認します。

ここで問題が発生しました。OUTPUT端子に接触不良が見られます。

背面のパネルを脱着し、外部出力端子を再半田します。

以上、修理完了です。

-GX-Z9100
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100

A&DのフラッグシップモデルGX-Z9100です。現在も非常に人気の高い機種です。 電源をONにすると「ギギギー」という唸り音が響きトレイが勝手に開きます。 カバーを開けました。修理歴はあるよ …

A&D GX-Z9100

先日のEXに引き続き今回は無印の9100です。 ヘッドブロックが下がり切らないとのことです。おそらくグリス固着が原因と思われます。 なんとかトレイは動作しますが、ヘッドブロックは手で押し下げてやらない …

愛機GX-Z9100 SOURCE出力不良

久しぶりに愛機GX-Z9100でお気に入りの音楽を録音しようとしたところ、 修理中の写真ですが、録音中にモニター出力を「TAPE」にすると正常に音がが出て、メーターが振れますが、「SOURCE」に切り …

A&D GX-Z9100

今日はGX-Z9100の修理です。 10年ほど前に中古購入したものの、ほどなくして長尺テープで傷が付く症状が現れたので使用を控えていたということです。 ベルトスリップによりトレイが開いたまま閉まりませ …

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

検索

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM