Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-07S

PIONEER T-07S

投稿日:

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-07Sの修理依頼をいただきました。本ブログ初登場です。

数年ぶりに使用したところ、「トレイがうまく開閉しない」「再生音が不安定」「早送り巻き戻しの不調」「操作ボタンが無反応なものがある」といった不具合が発生していたということです。

動作確認時にはトレイはなんとか開閉しましたが、テープ走行できない状態でした。また、電源ONと同時に「キーン」というかなり耳障りな金属音が鳴り続けます。機器が冷えているためかと思いましたが、温まっても同じ状態です。

カバーを開けます。

異音の原因は、このキャプスタンモーターです。軸受け部のオイル切れが原因と思われます。

メカを降ろしました。

メカ背面のプレートを取り外します。

キャプスタンベルトが伸びています。再生音が安定しなかったのはこれが原因と思われますので交換を行います。

異音を発していたモーターです。シャフト部に注油します。

続いて、トレイ開閉やヘッド上下動を担っているカムモーターユニットです。

硬化によりスリップしていたベルトを交換します。

メカフロント部です。アイドラーにアクセスするため、リール周りを分解します。

アイドラーを取り出して、硬化したゴムリングを交換します。

メカを組み付けて動作テストを行います。不具合は解消されています。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッド調整を行うときは、下部のプレート脱着が必要です。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録再バランス調整を行います。

オーナー様のお話しどおり、ドルビー切替スイッチの感触や切替が不調です。感触が変なので、スイッチが取り付けられている基板の点検を行います。基板は写真のようにハメコミ式になっていますが、なぜかドルビーSW横の固定用のツメ2か所が外れていました。元通りにはめ込むことによりスイッチの不具合は解消されました。

聴感での録再状況を確認し、修理完了です。

-T-07S
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM