Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

A&DのGX-Z9100の修理依頼をいただきました。

半年前までは動作していたということですが、不動になったとのことです。

ヘッドホン端子が破損しています。

電源をONにすると、「ギー」というモーター音が数秒間鳴りますが、動きはありません。

カバーを開けます。

カムモーターに使用されていたバンコードベルトが切れていました。融着不良が原因です。

まずは破損したヘッドホンジャックです。

スペアパーツと交換します。

メカを取り出して分解を進めます。

カセットホルダーも分解します。

ホルダー内蔵のスプリングが変形していますので、脱着して

加熱整形します。

ピンチローラーが固着しています。

ヘッド周りを分解し、固着の原因となった古いグリスを除去し、新たにグリスアップします。

硬化したピンチローラーを交換します。

リールとアイドラーを取り外し、

ゴムリングを交換します。

ゴムリングが接する面を脱脂します。

メカ背面の基板を取り外します。

フライホイールに付着したゴムカスを清掃します。

異音を発していたモーターです。

代替品と交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

キャプスタンのシャフトにグリスを処置し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

整備したメカを本体に戻して動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアス調整を行い、

録再バランス調整を行います。

聴感で録再状況を確認し、修理完了です。

-GX-Z9100
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100

今日はGX-Z9100の修理です。偶然にも4台続けてのGX-Zの修理です。 これもまた偶然にも昨日のEXと同様、カセットホルダーが外れた状態で届きました。不具合の状況は、「テープ走行不可」です。 再生 …

A&D GX-Z9100

A&DのGX-Z9100の修理依頼をいただきました。 最近になって、電源をONにするとトレイが開くようになったということです。 カバー、フロントパネル、底板を取り外してメカを取り出します。 分 …

A&D GX-Z9100

A&Dのフラッグシップモデル、GX-Z9100の修理依頼をいただきました。 トレイが開かないということです。そのためテープが閉じ込められています。 隙間から覗き込むと、ピンチローラーアームが上 …

A&D GX-Z9100

今日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100の修理です。 30年ほど前に新品購入したワンオーナー機ということです。 電源をONにするとモーター音が「ギギギー」と唸り、勝手にトレイが開閉し …

A&D GX-Z9100 

今日はA&DのフラックシップモデルGX-Z9100の修理です。 ワンオーナー機とのことで外装も非常に綺麗ですが、いろいろと不具合が生じています。 試しにテープをセットして再生してみました。テー …

検索

2022年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM