Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KD-V6

Victor KD-V6 再生用ローラー破損

投稿日:

本ブログ初登場のVictor製3ヘッドカセットデッキ、KD-V6の修理依頼をいただきました。

再生ができないとのことです。

早送り巻き戻しは快調ですが、再生ではリールのトルクがほとんど無く、すぐに停止します。

カバーを開けます。

底板も取り外し、

メカを取り出します。後継モデルのTDシリーズのメカの原型といった感じです。

このメカの再生時は、キャプスタンに取り付けられたローラー(写真中央)に、黒色のアイドラーが接することにより右側のリールが回転します。

メカ背面のプレートを取り外し、キャプスタンフライホイールを取り外します。右写真中央のアイボリー色の小さなパーツがローラーです。

ローラーはキャプスタンにはめ込み式となっていますが、劣化により割れが生じたため、緩みが発生し、回転不良の原因となったようです。

同じパーツは入手できませんので、近似サイズのシリコンチューブで代用します。「決して割れない」「スリップしにくい」というメリットがあります。

取り付けた状態です。

ゴムパーツを清掃します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。快調です。ただし、この時点では音が籠り気味です。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマスの調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再テストを行います。

ヘッドアジマス調整により音の籠りも解消されました。以上、修理完了です。

-KD-V6
-,

執筆者:

検索

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM