Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R70

AKAI GX-R70 モーター故障&組み間違いによる動作不良

投稿日:

このところGX-R機の修理が続いています。今回は、GX-R70です。

ひと月ほど前にオークションで購入したという機体ですが、再生不可ということです。

リッドも途中で引っ掛かって、手でアシストしないと完全にに開きません。また、この機体も先日修理したGX-Rと同様、キャプスタンが回りません。GX-Rモデルは今月扱った4台連続でモーター故障となります。

メカを降ろします。

背面のモーターユニットを取り外します。固定用のビスが舐めていたので、以前分解されたことがあるようですが、ここで異変に気が付きました。

下手な絵ですが、解説します。Fはフライホイール、Mはモーター、Pはプーリーです。オートリバース機は、普通は上図のようにベルトが掛かっていますが、下図のように掛けられていました。以前の修理に問題があったようです。

モーターが固着していますので交換を行います。

メカを本体に仮接続して動作確認を行います。

メカ横の検出スイッチや、

上部の検出スイッチの接点を磨きます。

ここでも組み間違いが見つかりました。トレイ横のレバーですが、間違った位置に取り付けられています。これがリッドの引っ掛かりの原因だったようです。

正式にはこの位置に取り付けます。私はDIYは否定しませんが、慣れていない機器を分解するときは、デジカメで写真を撮りながら作業を進めることが必要です。

カセットホルダーを切り離します。

アイドラーの割れはありません。

硬化したピンチローラーを交換します。

本体に組み込んで動作確認を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。モーターを交換したにもかかわらず、狂いはありませんでした。

FWDとREVの両方向でヘッドアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

聴感での録再状況を確認し、修理完了です。

-GX-R70
-,

執筆者:

関連記事

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

AKAI GX-R70 音量のバラツキ

今日はAKAIのクイックリバースデッキ、GX-R70の修理です。 不具合の状態としては、「左右音量レベルにバラツキが出る」ということと、「FWD側の音が籠る」ということです。 シルバーモデルは初めて見 …

AKAI(A&D)製オートリバース機の誤作動

AKAI(A&D)のオートリバースデッキのうち、GX-R60~GX-R75辺りの機種は、メカが共通(ただし、コネクタの配線数が一部異なりますので、そのまま換装できない場合がありますので注意が必 …

AKAI GX-R70

AKAIのオートリバースデッキGX-R70の修理依頼を受けました。 この状態からまったく操作不能です。トレイも開きっぱなしです。 キャプスタンモーターは回転しています。以前修理したGX-R70EXとま …

AKAI GX-R70 再生時のプチプチ音の原因は?

AKAIのオートリバースデッキ、GX-R70の修理依頼をいただきました。 トレイリッドが開きっぱなしで動作不可です。今回のご依頼は、このトレイと、再生時に発生する「プチプチ・・・・」というノイズ解消、 …

検索

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM