Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

DATのテープ清掃用機器製作

投稿日:2022年6月18日 更新日:

少し時間が取れたので、以前から構想を練っていた機器の製作を行いました。

テープを使用するメディアでは、テープに付着したカビや埃などの汚れの除去を行わなければならないといった場面に遭遇することがあります。

それでもオープンリールの場合はテープが露出していますので、写真のように作業は楽にできますし、コンパクトカセットもそれほど大変ではありません。ところがDATとなると、カセットのロック解除や保護カバーなどの問題があり簡単にはいきません。

ということで、DAT用の専用機器を製作することにしました。

用意したのは、パイオニアのデッキメカです。ヘッドは故障したため、すでに取り外されています。

これは別のメカの写真ですが、このメカのリールの回転は、キャプスタンモーターの回転を利用しています(ベルトが掛かっているところです)。しかし、キャプスタンモーターを動かすためには制御回路が必要となり、それを製作するのは簡単なことではないので、

キャプスタンモーターを取り外し、代わりに普通のDCモーターを取り付けます。

そのデッキメカをアルミ板に取り付けます。

テープのローディングは、このモーターが担っています。

モーターを回すと可動式のテープガイドが上下します。

それぞれのモーターのスイッチと電源を接続します。

このスイッチでテープガイドが上下し、

このスイッチで左または右のリールが回転します。

使い方ですが、カセットをセットし、重し(写真はカセットデッキのフライホイールです)を載せます。

右のスイッチをONにするとテープが引き出されます。

その状態で左のスイッチをONにし、リールを回転させるとテープ走行が始まります。

テープが走行している状態でアルコールを浸み込ませた綿棒を用いてテープをクリーニングします。非常にアナログな方式ですが、テープを無理に引き出して傷を付けることがありませんし、なにより短時間で最初から最後までクリーニングできるのが非常に便利です。ジャンクパーツや余り部品を使用しましたので、製作費はゼロ円です。

以上、本日の日記でした。

-日記
-,

執筆者:

関連記事

TC-R6 被災から復活

大地震の発生で約1mの高さから床に落下したTC-R6ですが、暫定的ではありますが本日復旧することができました。 地震が収まったときの状態はこんな風でしたが、 元々は この位置でした。普通は頭を下にして …

EXCELIA XK-009(愛機)のベルト劣化

少し前までは正常に動作していた愛機XK-009ですが、 ある日突然、再生ができなくなりました。早送りと巻き戻しはOKですので、再生用のアイドラーのスリップでしょうか? リッドを外して目視点検を行うと、 …

寒冷期における動作不良

少し前に、これまで2度ほどカセットデッキを当店で修理されたお客様に、SONYのTC-WR870というオートリバースのダブルデッキをご購入いただきました。 しかし、最近になって、リバース動作時にリールが …

カルチャークラブ

  先日落札したカセットデッキを当店のショッピングサイトに出品するために修理をしようとしたときのことです。 故障によりトレイ開閉ができなくてテープが閉じ込められています。こういったことは決し …

他店で修理を行った方へ

当店では、このブログのお問い合わせ欄または直接Eメールによりさまざまなお問い合わせをいただいております。数ある修理店の中から当店にお声掛けいただいたことに改めてお礼申し上げます。 そのお問い合わせの中 …

検索

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM