Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

R-9000

TEAC R-9000

投稿日:

TEACの3ヘッドオートリバースカセットデッキ、R-9000の修理依頼をいただきました。

長期間保管状態だったということです。

電源を入れると、かなり大きな動作音が2秒ほど内部から聞こえます。

操作ボタンを押しても同様です。

カバーを開けます。

モードベルト、キャプスタンベルトのいずれも加水分解により溶け切れています。

メカを降ろしました。

まずは、モードベルトの交換を行います。

プーリーを脱着し、付着してベルトを除去清掃し、シャフト部にグリスアップします。

径50mmのベルトです。

キャプスタンベルトはすべてモータープーリーに巻き付いていましたので、除去清掃します。

フライホイールを取り外し、

リールユニットを取り外します。

硬化したアイドラーゴムを交換します。

リールがグリス切れで回転時に嫌な音がします。

リールを脱着し、グリスアップします。

新しいキャプスタンベルトを掛けて組み立てます。径80mmです。

カセット検出スイッチの接点をすべて磨きます。

メカを本体に組み込んで動作確認を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッドアジマスを調整します。フォワードと、

リバースです。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

-R-9000
-,

執筆者:

関連記事

TEAC R-9000

TEACのオートリバースカセットデッキ、R-9000の修理依頼を頂きました。 昨年から動作不良状態になったということです。 写真左下の黄色いプーリーに掛かっているベルトがスリップしています。 新品交換 …

TEAC R-9000 ヘッド断線

今日はTEACの3ヘッドオートリバースカセットデッキ、R-9000の修理を行いました。 数年前に数回修理したことがありますが、ブログ開設前で記録が無いので、どのようなメカであるか記憶にありません。 フ …

検索

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM