Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

C-3X

TEAC C-3X ミュート回路故障

投稿日:

TEACの3ヘッドカセットデッキ、C-3Xの修理依頼をいただきました。

少し前に中古動作品として購入されたということですが、突然、音が出なくなったということです。

再生を開始してもメーターも振れません。ただし、モニター出力をSOURCEに切り替えると、INPUTに接続したCDPの音が微かに聞こえます。

いずれにしても、両チャンネル共音が出ないというのは、電源ラインの故障が疑われます。

カバーを開けます。

電源基板の点検を行います。

回路図を見ると、23V、13V、3Vがメイン基板に供給されていますが、テスターで測定すると3Vラインの電圧が低い状況であることがわかりました。そこで、トランジスタをひとつずつ取り外して点検を行いましたが、異状はありませんでした。

回路図とにらめっこしながら、疑わしい箇所を点検しましたが、簡単には故障箇所は見つかりません。かなり時間を要しましたが、あることに気が付きました。

通常、電源を入れると、1・2秒ほどミュートが掛かって、LINEOUTから出力は出ませんが、INPUTに接続したCDプレイヤーの音が、微かな音量ですが電源ONで即時に出力されます。ということはミュート回路の故障でしょうか?

試しにメイン基板上のミュートライン(赤色の配線)を切り離します。

音が出ました。早速ミュート回路の点検を行います。

ひとつずつパーツの点検を行います。ようやく見つけました。電解コンデンサーが絶縁状態で故障していましたので交換を行います。3Vラインの電圧低下もこれが原因でした。

先ほど切り離したミュートラインを元に戻し、再生を開始します。無事治りました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。スタンダードスピードです。

ハイスピードす。

ヘッドアジマスを調整します。

録再バランス調整を行います。この機種は、テープポジション別にバイアスとレベル調整を行います。

聴感での録再状況を確認し、修理完了です。

-C-3X
-,

執筆者:

関連記事

TEAC C-3X 酷いワウフラッターの原因は?

先日修理したC-3Xですが、「テープ終盤で酷いワウフラッターが発生する。」というご連絡をいただきました。 前回修理では電源部の修理を行いましたが、メカ部分には手を入れていませんので修理ミスということは …

検索

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM