Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-07S

POINEER T-07S(2台目)

投稿日:2022年7月3日 更新日:

先日のT-07Sと同じお客様の機器です。

部品取り用として1台目と一緒にお送りいただきましたが、結局、1台目の修理に部品は不要となったため、こちらも修理をすることとなりました。

電源が入りません。

回路図を見ながら、電源回路の点検を行います。

少し回り道をしましたが、ヒューズが切れていました。この機種のヒューズは、トランス上の基板の裏側という、非常にわかりにくいところにありました。ヒューズ切れは、メカや回路の故障が原因であることもありますが、とりあえず交換をしてみます。

無事電源が復旧しました。

ここから先は先日のT-07Sと同じです。

背面のプレートを取り外します。

カムモーターユニットを取り外し、ベルト交換を行います。

溶けたベルトを綺麗にふき取り、新しいベルトを掛けて組み立てます。

リール周りを分解し、アイドラーゴムを交換します。

回転部分にグリスアップします。

メカを元に戻して動作確認を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアスキャリブレーション後に録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

 

-T-07S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-07S(1台目)

これまで何度かお取引いただいているお客様から、新たなご依頼をいただきました。 PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-07Sです。 トレイは開きます。 テープをセットしてCLO …

PIONEER T-07S

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-07Sの修理依頼をいただきました。本ブログ初登場です。 数年ぶりに使用したところ、「トレイがうまく開閉しない」「再生音が不安定」「早送り …

検索

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM