Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA3ES

SONY TC-KA3ES

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA3ESの修理依頼をいただきました。

10年以上前から故障状態ということです。

リッドも開かないため、テープが閉じ込められています。

 

早速メカを取り出しました。

分解を進めます。

ピンチローラーは専用クリーナーで処理し再利用します。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターユニットを分解し、基板上の電解コンデンサーとゴムベルトを交換します。

メカのフロント側ですが、ベルトが溶けています。

分解します。

プーリーに付着したベルトカスは、オレンジクリーナーで清掃します。

新しいベルトを仮掛けしたところです。組み立て時にモータープーリーに掛け直します。

ロータリーエンコーダーを取り外し、

分解清掃します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

メカを元通り組み立てて本体に組み付けます。動作OKです。

しかし、普段使用しているマクセルUDⅠでバイアスキャリブレーションを行ったところ、ツマミを一杯に回しても写真の状態です。ヘッドの劣化か原因か?と思いましたが、

サービスマニュアルに従いバイアス調整することで対処できました。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

-TC-KA3ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-KA3ES

SONYのESシリーズの最終モデル、TC-KA3ESです。 テープにシワが付くということです。 みすみすテープをダメにすることもありませんので、動作確認は行わず、目視点検を行います。左側のピンチローラ …

SONY TC-KA3ES リールが回転しません。

SONYのTC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 今回は、この機種にしては少し変わった症状です。再生ボタンを押すとヘッドは上がりますが、リールが回転しないため再生できないというものです。ただし、 …

SONY TC-KA3ES アイドラーギヤ欠け

少し前に当店で修理したTC-KA3ESのオーナー様から、「再生が2~秒で停止するようになった。早送り・巻き戻しも同様」とご連絡をいただきました。 一旦リールは回転するものの、すぐに停止するということで …

SONY TC-KA3ES ピンチローラー劣化&ロータリーエンコーダー接点摩耗

SONY最後のESシリーズカセットデッキ、TC-KA3ESです。 どのテープを再生してもシワが付いて使い物にならないということです。 テープをみすみすダメにすることはありませんので、目視で点検します。 …

SONY TC-KA3ES アイドラーギヤ欠け

SONYのTC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 動作不良になりサービスセンターに診てもらったところ、「ギヤ欠けが原因。部品欠品のため修理不可」と診断されたということです。また、動作していたころ …

検索

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM