Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R75CX

A&D GX-R75CX キャプスタンモーター故障

投稿日:

A&Dのクイックリバースデッキ、GX-R75CXの修理依頼をいただきました。

数年ぶりに使用したところ、トレイを開けたとたんに不動になったということです。

操作を受け付けません。

キャプスタンも回転していません。

早速カバーを開けました。

メカ上部にある白いギヤに固着が見られます。ドライバーで写真奥側に押し付け、その後、モーター側のギヤの位置をフロント側に修正します。

これでトレイ開閉や早送り巻き戻しは復旧しましたが、キャプスタンが回転しないため再生は不可です。

また、ノーマルテープをセットしてもメタル表示になります。スイッチの接触不良が原因と思われます。

接触不良となっているスイッチの接点を磨きます。

フロントパネルを取り外し、

メカを取り出します。

背面です。このモーターが故障しています。

同規格のモーターと交換します。元々付いていたモーターは、シャフトを回すと、中でジャリジャリと音がします。

モーターを分解しました。

中から破片が3ケが出てきました。どこからどうなったのかはわかりませんでしたが、製造時に混入したのでしょうか?

メカの側面にあるスイッチの接点を磨きます。

カセットホルダーを切り離します。

ホルダー側面には、カセットを押さえるバネが内蔵されています。

経年により変形していますので、加熱整形を行います。

リール周りのパーツを分解します。

左右リールを駆動するアイドラーが現れましたが、ひび割れしています。割れにより中心のシャフトに緩みが出ると、リールが回転しないという症状が発生します。

部品は入手できませんので、アイドラーを分解して、シャフトの差し込み部を接着します。

ピンチローラーとヘッドを清掃します。

メカを本体に戻して動作確認を行いましたが、出力状態が不良です。フロントパネルのOUTPUT用スライドVOLが接触不良を起こしていましたので、接点復活剤を処置します。

これで動作OKです。

ヘッドアジマスの調整を行います。オートリバース機は往復とも行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジション別の録再状況を確認し、修理完了です。

-GX-R75CX
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-R75CX

A&Dのオートリバースデッキ、GX-R75CXです。 大きく2点の不具合を抱えています。 オーナー様からは「テープ速度が不安定」とお聞きしていましたが、点検の結果、FOWARDで再生すると、音 …

AKAI(A&D)製オートリバース機の誤作動

AKAI(A&D)のオートリバースデッキのうち、GX-R60~GX-R75辺りの機種は、メカが共通(ただし、コネクタの配線数が一部異なりますので、そのまま換装できない場合がありますので注意が必 …

A&D GX-R75CX

少し前にA&Dのカセットデッキ2台を当店で修理されたお客様から、3台目のメンテナンス依頼をいただきました。 A&DのGX-R75CXです。 リール回転時の異音、スライドVOLのガリなど …

A&D GX-R75CX 誤消去防止孔検出スイッチの不良

一昨年に当店で修理したGX-R75CXですが、「リバース側の録音ができなくなった」とのご連絡をいただきました。 フォワード側は正常とのことですので、普通は、リバース側の誤消去防止孔検出スイッチの接触不 …

A&D GX-R75CX アイドラー破損

以前から当店をご利用の方から、A&DのオートリバースカセットデッキGX-R75CXの修理依頼をいただきました。 テープ走行自体は問題ないのですが、 テープポジションの表示がちらつきます。また、OUTP …

検索

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM