Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA5ES

SONY TC-KA5ES

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA5ESの修理依頼をいただきました。

中古購入後しばらくして、ベルト劣化により不動となったということです。オーナー様お住いの地域の専門店では、古い機器のため修理不可と診断されたため、当店の出番となりました。

トレイ開閉はOKですが、カセットをセットして再生ボタンを押してもヘッドが上がりません。

天板と底板を取り外し、

メカを取り出します。

フロント周りを分解します。

ピンチローラー表面に液状のものが浮き出しています。ブリード現象といって珍しいことではありませんが、テープに触れる場所のため巻き込みの原因となる恐れがあ、硬化も進行していますので交換を行います。

キャプスタンモーターユニットを切り離します。

モーターユニットを分解します。

基板上の電解コンデンサーを交換します。

新しいベルトに交換し組み立てます。

メカのフロント部です。ベルトがありません。

モーターユニットを取りはずします。

ベルトの掛かるプーリーにグリスが付着しています。

アルコールで脱脂して、新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

汚れた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを処置します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

組み付けに移ります。モーターユニットを組んだ時に、

先ほど仮掛けしていたベルトをモータープーリーに掛け直します。

 

メンテナンスの完了したメカを本体に戻して動作テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープパスを点検を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。許容範囲内ギリギリです。調整はできません。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーションを行った後に録再バランス調整を行います。

聴感で録再状況を確認し、修理完了です。

-TC-KA5ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-KA5ES リレー切替トランジスタ故障

少し前に当店で修理したTC-KA5ESですが、お客様のところに届いた時点で、不具合があるとのご連絡をいただきました。 状況としては、録音不可というものです。ただし、ドルビーSに切り替えると録音できたと …

SONY TC-KA5ES リフレッシュメニュー&ピンチローラー交換

SONYのESモデルの最終型、TC-KA5ESの修理依頼をいただきました。 現在、非常に人気の高いモデルですが、10年以上放置されていたということです。 トレイは開きます。カセットをセットして再生ボタ …

SONY TC-KA5ES

先日当店でDATデッキを修理されたお客様から、今回、カセットデッキ2台の修理依頼をいただきました。1台目はタイトルのとおりで、2台目はTC-K333ESLです。 北海道の外気温は氷点下ですので、到着後 …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY TC-KA5ES

今回の修理は、本ブログ初登場のSONY製3ヘッドカセットデッキTC-KA5ESです。以前、下位グレードのTC-KA3ESは何度か修理したことはあります。本機体はトレイ開閉ができない状態です。 デザイン …

検索

2022年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM