Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-1000S

PIONEER T-1000S

投稿日:

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-1000Sの修理依頼をいただきました。

長期間使用されていなかった機器ということです。「電源を入れると異音がする。」「カセット蓋が上手くしまらない。」「再生できない。」といった不具合を抱えています。

電源をONにすると、「ギー」というけたたましい音が鳴ります。おそらくキャプスタンモーターの軸受けのオイル切れが原因です。

カバーを開けます。キャプスタンベルトが溶け切れてモーターが高速回転しています。モーターの軸受けに注油すると異音は無くなりました。

フロントパネルを取り外してメカを取り出します。

カムモーターユニットを取り外し、ベルトを交換します。

プレートを取り外します。溶けたキャプスタンベルトが張り付いています。

綺麗に清掃し、新しいベルトを掛けます。

リール周りを分解し、アイドラーゴムを交換します。

一旦メカを組み付けて動作確認を行います。テープ走行可能になりましたが、再生速度が早回し状態です。

モーターの内部回路の故障です。同規格の新品モーターと交換します。

再生速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録再バランス調整を行います。

AUTOBLEを動作させてテープポジション別の録再状況を確認し、修理完了です。

-T-1000S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-1000S

当ブログ初登場のPIONEERの高性能・高級カセットデッキT-1000Sです。 パイオニア製のデッキは、他メーカーと比べると、独自性が強いという印象があります。 電動のトレイが閉まりません。 カバーを …

PIONEER T-1000S

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-1000Sの修理依頼をいただきました。 7年ほど前にメーカーサービスでトレイ開閉の不具合を修理したものの、1年も経たないうちに同様の故障 …

PIONEER T-1000S

PIONEERのT-1000Sの修理依頼をいただきました。 10年ほど放置状態だったということです。 「WAIT」状態のまま、トレイが半開きで動きません。 早速カバーを開けました。 メカを観察します。 …

PIONEER T-1000S

今日はPIONEERの3ヘッドカセットデッキ、T-1000Sの修理を行いました。 1990年の発売当時100,000円の高級機です。 早送り・巻き戻しはできますが、再生は動作開始後すぐに停止します。 …

PIONEER T-1000S

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-1000Sの修理です。 数年間不使用だったということで、不動状態です。 表示がWAITのままです。 カバーを開けます。 キャプスタンベル …

検索

2022年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM