Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA3ES

SONY TC-KA3ES モードベルト交換

投稿日:

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA3ESです。

ほとんど使用せずに保管状態にあったということですが、現状は不動です。

リッドが外れかかっています。イジェクトを押すとモーター音は聞こえますが、動きはありません。

カバーを開けます。リッドを取り外すために手動でロックを解除します。

メカを降ろしてカセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ヘッド、ピンチローラーの外観は良好です。

ピンチローラー、アイドラーを取り外します。

モーターユニットを取り外します。

ベルトが溶け切れています。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープパスを点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

ヘッドのアジマス調整を行います。

録再状況の点検中に異状が見られました。バイアスキャリブレーションが上手く動作しません。ノーマルテープではそれほどではありませんが、クロムとメタルでは調整不可能状態です。この状況は、ヘッドの経年による劣化(性能低下)で起こりますが、SONYのESモデルのヘッドで近年多発しています。

確認のため、手持ちのESメカを仮接続します。すると正常にバイアス調整が可能になりましたので、ヘッドの不具合が原因であることが確定しました。このことをオーナー様にお伝えし、今後は録音には使用しないということで、ヘッド交換は行わないこととなりました。

録再バランス調整を行います。

録音状況を確認し、修理完了です。

-TC-KA3ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-KA3ES テープ巻き込み・アイドラーギヤ割れ

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 過去に一度修理歴があるということですが、特定のテープでシワが発生するということです。 そのテープも同 …

SONY TC-KA3ES

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 10年以上前から故障状態ということです。 リッドも開かないため、テープが閉じ込められています。 &n …

SONY TC-KA3ES フライホイールのひび割れ

近郊にお住いの方からTC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 「リフレッシュメニュー」+「左右ピンチローラー交換」とのご依頼です。 トレイ開閉はOKですが、ヘッドが上がらないといった状態です。 カ …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY TC-KA3ES

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-KA3ESの修理依頼をいただきました。 これまで1度もメンテナンスを受けていないということです。 イジェクトボタンを押しても反応がありません …

検索

2022年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM