Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100

A&D GX-Z7100 リフレッシュメニュー

投稿日:

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100のリフレッシュメニューメニューを実施します。

電源を入れると扉が開くという典型的な故障です。

カバーを開けてメカを取り出します。

分解を進めます。

ホルダー内蔵のスプリングにヘタリはありません。

ピンチローラーアームが完全に固着しています。

製造時に塗られたグリスが固まりかけています。

固着していたピンチローラーアームは、半田ごてで加熱しながら、無理な力を加えないよう慎重に取り外します。グリスが乾いて真っ白になっていました。

ピンチローラーを交換します。

ヘッド周りを分解し、古いグリスを除去し新たにグリスアップします。

左側のリールを回すとかなりの抵抗感を感じます。

バックテンション用のパッドが硬化し、摩擦力が強まったことが原因です。

パッドを張り替えます。

アイドラーゴムを交換します。

ピンチローラーとヘッドがスムーズに上下することを確認します。

メカを背面から分解します。

ベルトが掛かっていたところのゴムカスを除去します。

モードベルトを交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

テープポジションの表示が時折全点灯になります。

スイッチの端子の半田部が剥がれて隣の端子と接触していました。半田をし直して不具合は解消されました。

走行テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープパスの点検を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の点検を行います。

調整します。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーション後にバランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

-GX-Z7100
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100の修理依頼をいただきました。 十数年使用されていないということです。 電源を入れるとけたたましい音とともにトレイが開きます。 …

A&D GX-Z7100

A&DのGX-Z7100です。無印の7100は久しぶりに扱います。 この機種以降のGX機の一番の課題は、「テープガイドの破損」です。詳細は以下記事をご覧ください。 GX機のテープガイドはなぜ破 …

A&D GX-Z7100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100の修理依頼をいただきました。 10年ほど保管状態だったということです。 電源をONにすると、数秒間モーターの音が鳴り続け、最 …

A&D GX-Z7100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100の修理依頼をいただきました。 数年前に中古購入され使用してきた機器ということですが、「 トレイ開閉時に「ギギギー」と音が鳴り …

A&D GX-Z7100

今日の修理はA&DのGX-Z7100です。トレイ開閉の不具合、異音、再生不良などの症状を抱えています。 トレイ開閉も含め、動作音が「ガガガガー」と相当激しい音になっています。カムモーターの寿命 …

検索

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM