Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-900X

TEAC V-900X

投稿日:

これまで何度かお取引いただいた方から、新たなご依頼をいただきました。

TEACのV-900Xです。しばらく使用しない間に、動作不良となったとのことです。

イジェクトボタンを押すと一瞬モーター音が鳴りますが、無反応です。

カバーを開けます。多機能モデルだけあって複雑な造りになっています。

カムモーターユニットのベルトが加水分解でボロボロです。

そのプーリーを回すとトレイが開きます。

メカを降ろすためにはフロントパネルの脱着を伴いますが、多数のコネクタが接続されていて簡単ではありません。

ようやくメカを降ろしました。

モータープレートを取り外します。

切れたベルトを綺麗に除去し、新しいベルトを掛けます。径50mmです。

テープポジション検出スイッチの接点を磨きます。

カセットホルダーの一部を切り離します。

左右リールを脱着してグリスアップします。

硬化しているアイドラーゴムを交換します。

ピンチローラーの表面を軽く研磨し、専用クリーナーで清掃します。

フロントパネルのVOLの背面から接点復活剤を処置します。

元通りに組み付け、動作確認を行います。

本体底部です。

dbx基板のコネクタ取り付け部に半田クラックが発生していますので、再半田を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。調整前の写真を失念しましたが、2%ほどの狂いがありました。

ヘッドアジマスの調整を行います。

AUTO CALを作動させると10秒ほどでバイアスとレベル調整が自動で行われますので、その後にバランス調整を行います。

テープポジションの異なる複数のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

-V-900X
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-900X

今日は当ブログ初登場のTEAC V-900Xです。これまで何度かお取引いただいた道内の方からご紹介いただきました。先日は当店までお越しいただきありがとうございました。 1981年発売のTEACの最上位 …

TEAC V-900X

今年2台目のTEAC V-900Xです。 「テープ走行不良」「ディスプレイのテープポジション表示不良」「dbx使用時にLチャンネル無音」など不具合を抱えています。 再生ボタンを押すと、一瞬音が出ますが …

検索

2022年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM