Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

AD-FF70

AIWA AD-FF70

投稿日:

以前からお取引いただいているお客様から、新たなご依頼をいただきました。

AIWAの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、AD-FF70です。少し前の当店の修理記事をご覧になって、不動品を最近購入されたとのことです。

修理の前に、お客様から、動作に関するご質問をいただきましたので確認します。テープがセットされていないときは、テープポジション表示(右端)は点灯しませんが、

イジェクトボタンを押した状態では、「NORMAL」が点灯します。これは誤作動か?ということです。

これは何故かと言うと、イジェクトボタンを押したときに、テープが引っ掛からないように、テープポジション検出スイッチが持ち上がります。そのときにスイッチがONになるので点灯するということになり。したがって故障ではなく仕様です。

修理に移ります。カバーを開けると、キャプスタンベルトが溶けていることがわかりました。ただし、ケーブルの状況から、過去に一度は個人による修理が行われたということがわかります。

メカを取り出して、まずはカセットホルダーを切り離します。

ヘッド周りの状態を点検します。すると、左側のピンチローラーの表面に、小さなふくらみが見られました。

キャプスタンとの接触が不安定になり走行に支障が出ますので、交換を行います。

左右リールを脱着してグリスアップします。

メカ背面のモータープレート、フライホイールを取り外します。

溶けたベルトは乾燥しかけていてこびり付いていますので、丁寧に除去します。

さらに分解を進めるとアイドラーが現れますので、

脱着してゴムリングを交換します。

メカ内部のリーフスイッチの接点を磨きます。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカを本体に戻して動作確認を行います。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

録音については、「CONPU BRAIN」ボタンを押すと、表示パネルのランプが点灯し、

10秒ほどで「READY」となれば調整が完了しますので、

左右同レベルの信号を録再モニターしてバランス調整を行います。

いつも聴いているCDを録音して状況を確認し、修理完了です。

-AD-FF70
-,

執筆者:

関連記事

AIWA AD-FF70 再修理

先日当店で修理したAD-FF70ですが、お客様の元に届いた時点で「動作不良がある」とご連絡をいただきました。「テープ走行が数秒で停止する」、「カウンターが動かない」などの不具合が見られるということです …

AIWA AD-FF70

AIWA製、3ヘッド・デュアルキャプスタン・カセットデッキ、AD-FF70です。 操作パネルのレイアウトなど、唯一無二の個性的なデザインですが、私は高校時代に下位機種のAD-FF60を所有していました …

検索

2022年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM