Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。

10年ほど前に動作品として入手されたものの、ノイズが酷く、そのまま放置していたということです。

テープを再生します。テープパスの狂ったようなノイズが混じります。

カバーを開けて目視点検します。

左側の可動式テープガイドが所定の位置の少し手前で止まっています。そのためテープパスが狂っていたようです。

メカを降ろします。

メカを裏返します。

基板上の電解コンデンサーは交換済みです。

基板を取り外します。

構成ユニットを分解していきます。

故障の原因はこのリングギヤの固着です。

CRCで古いグリスを溶かし、注油します。スムーズに動くようになりました。

ギヤ類のシャフトに異音防止用のグリスを塗布し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

リールユニットの点検を行います。ブレーキの効き、パッドの剥がれが無いか確認します。

カセットホルダーを取り外します。

標準のスポンジ製ヘッドクリーナーは、性質が変質してヘッドを痛めますので撤去します。

スポンジカスは除去します。また、回転ヘッド部が浸食されていないか点検します。

ピンチローラーは摘まむと簡単に抜けてしまいました。

樹脂製の留め具が割れています。

シリコンチューブを代用品として使用します。

カセットの検出スイッチに接点復活剤を処置します。

カセットホルダーの可動部にグリスアップします。

メカを仮接続して動作状況を確認します。ノイズは綺麗に消え去りました。

モード別、入出力別の録再状況を確認し、修理完了です。

-DTC-2000ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES ピンチローラーの割れ

DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。お客様の愛機が故障したもののメーカーでの修理が叶わず、たまたま当店がオークションに他機種の整備済み品を出品していることがきっかけとなりました。 メールと …

SONY DTC-2000ES

SONYのDATデッキ、DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。 不具合は3点です。 1点目は、このテープを剥がすとリッドが開きっぱなしになってしまいます。内部のスプリングの異常が原因と思われ …

SONY DTC-2000ES

先日に引き続き、SONYのDATデッキDTC-2000ESです。 「操作ボタンでは動作しない」ということで、地元の修理店に修理依頼したところ「部品が無い」と断られたということです。 イジェクトボタンを …

SONY DTC-2000ES

久しぶりにDTC-2000ESの修理です。表示パネルの暴走ですが、メーカーSSで「修理不可」と返されたということです。オーナー様とお話をして、デッキメカのメンテナンスも併せて行うことになりました。 届 …

SONY DTC-2000ES

以前DTC-ZA5ESの修理依頼をいただいたお客様から、今回はDTC-2000ESの依頼をいただきました。動作不良と右側表示パネル不灯とのことです。 ほどなくして機器が到着したので、まずは状態を確認し …

検索

2023年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM