Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100

A&D GX-Z7100

投稿日:

A&D製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100の修理依頼をいただきました。

10年ほど前に一度修理したものの、その後はほとんど放置状態にあったということです。

トレイ開閉はしますが、再生を開始すると数秒で停止してしまうということです。また、動作音がかなり大きくなっています。

トレイ蓋の右側に隙間が空いています。

ツメが折れそうになっていましたので接着補強します。

カバー、底板、フロントパネルを脱着し、メカを取り出します。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ホルダーを分解します。

内蔵の樹脂製スプリングが変形し、機能低下が起きています。

スプリングを脱着し、加熱整形します。

メカに固着はありませんが、

グリスが固まりかけています。

硬化しているピンチローラーを交換します。

ヘッド周りを分解し、古いグリスを除去して新たにシリコングリスを処置します。

リールとアイドラーを取り外します。

長期間使用されなかったため、モーターのシャフト痕が付いています。

新しいゴムリングに交換します。

ゴムリングが接する面を脱脂します。

メカ背面のモーター基板を取り外します。

フライホイールの状態は良好です。

異音を発していたモーターを交換します。

硬化変形しているゴムベルトを交換します。

オートセレクタ用スイッチ接点を磨きます。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

メカを本体に戻して動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアスキャリブレーション後に録再バランス調整を行います。

録再状況を確認し、修理完了です。

-GX-Z7100
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100です。 オーナー様のお話では20年以上前に故障し、そのままの状態だったということです。 電源を入れると、モーターが回転する大 …

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

A&D GX-Z7100

以前からお取引いただいているお客様からGX-Z7100のメンテナンス依頼をいただきました。 消耗品の交換と各種調整とのご依頼ですが、「動作音が五月蠅い」「録再バランス不良」といったところが気になるとい …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

A&D GX-Z7100 リフレッシュメニュー

A&Dの人気モデル、GX-Z7100です。 電源を入れるとトレイが勝手に開きます。 この機種に多く見られるテープガイド破損は無いようです。 カバー、底板、フロントパネルを取り外し、メカを取り出 …

検索

2023年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM