Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-707Ⅱ

Lo-D D-707Ⅱ

投稿日:2023年12月3日 更新日:

Lo-Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、D-707Ⅱの修理依頼をいただきました。

20年近く保管状態にあったということです。

操作ボタンを押すと、メカに反応は見られますが、キャプスタンとリールが回りません。

カバーを開けました。ベルトが加水分解で溶け切れて、モータープーリーに絡みついています。

メカを取り出しました。

メカ背面のモータープレートを取り外します。

左はリールベルト、右はキャプスタンベルトが巻き付いています。

かろうじて生き残っていたベルトですが、伸びています。

溶けかかったベルトを除去しました。キャプスタンベルトが径80mmと73mm、リールベルトが折長75mmです。

この状態で一度動作確認を行います。早送りと巻き戻しは動作しましたが、再生はリールが回らずNGです。

化粧パネルを取り外し、再生用のアイドラーユニットを取り出します。特殊品ですので交換はできませんが、表面を研磨し、専用クリーナーで処理します。

これで再生も可能な状態となりました。

本体に組み込む前に、硬化したピンチローラーを交換します。

メカを元に戻して動作確認を行います。

無入力状態で、メーターがひと目盛りほどチラチラ点灯します。これは、基板上の調整ツマミを回して解消します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

 

-D-707Ⅱ
-,

執筆者:

関連記事

Lo-D D-707Ⅱ

これまでに何度かお取引いただいている方から、Lo-Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、D-707Ⅱの修理依頼をいただきました。 オーナー様な数年前に動作品として入手されたということですが、 …

Lo-D D-707Ⅱ 電源故障

今日は、ご自分でデッキ修理を行っている方からのご依頼です。 ご依頼内容は、「メーター用のトランジスタを取り付けている基板を損傷したので復旧してほしい」ということでしたが、動作確認をすると、メーターどこ …

検索

2023年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM