Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESX

SONY TC-K333ESX

投稿日:

SONY製3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K333ESXの修理依頼をいただきました。

誤作動が起きるということです。

イジェクトがいわゆるロケットオープン状態です。このまま使用を続けると、バネを支えているピンが破損します。

ストップボタンを押すと巻き戻しになります。また、巻き戻しを押すと早送りになります。スイッチの接触不良による誤作動です。

CDPを接続して入力状態を確認します。VOLの接触不良が見られます。

カバーを開けました。

再生を続けていると、突然停止し、カチャカチャとリールが断続的に動きます。

指でカセット検出スイッチを押し上げます。

スイッチが接触不良になっているため、誤作動を起こしていました。接点復活剤を処置します。

フロントの化粧パネルを取り外し、スイッチ基板にアクセスします。

スイッチを交換します。

誤作動が解消されました。

底板を取り外し、RECVOL背面から接点復活剤を処置します。

接触不良が改善されました。

メカを降ろしてカセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ロケットオープンの原因となった、劣化したダンパーゴムを交換します。

回転センサーにランプの光を導くプリズムの表面を磨きます。

リール周りを分解します。

ここに処置されているグリスが固まっていますので、除去し、再グリスします。

左側も同様です。

硬化しているピンチローラーを交換します。左側は亀裂が入っていました。

ホルダーを組み付けます。ロケットオープンが解消されました。

キャプスタンベルトを交換します。

モニター切替スイッチに接触不良が見られます。

スイッチ基板を取り外し、モニター切替スイッチに接点復活剤を処置します。

メカを元に戻して動作確認を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生し、速度が許容範囲内に収まっていることを確認します。

再生ヘッドのアジマスの調整を行います。

録音ヘッドのアジマス調整を行います。

録再バランス調整を行います。

テープポジションの異なる数種類のテープで録再状況を確認し、修理完了です。

 

 

 

-TC-K333ESX
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESX

以前からお取引いただいている方からのご依頼です。 SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K333ESXです。中古動作品を購入されたということですが、ヘッドの動きが悪いなどの不具合 …

検索

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM